素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

用語集

公開日:

あくまでも「管理人目線」の用語解説です。
ちゃんとした解説はランネットなどをご参照ください。

[参考]ランネットの用語解説 - RUNNETサイト(外部リンク)

素人ランナー

ランニング経験はあるが、コーチ・トレーナー・上級者ランナーから教わらず、自己流で試行錯誤しながらランニングに励むランナー。アマチュアランナーとも言うかな?当サイトの管理人も素人ランナー。

初心者ランナー

ランニング経験のない始めたばかり、もしくはこれから始めようと考えているランナー。

上級者ランナー

月間400km以上、サブ3達成、4分/kmで走るランナー。

サブ3ランナー様

サブ3達成ランナーの方々には尊敬の念をこめて「様」をつける。

サブ3

フルマラソン3時間切り。ちょーすごいこと。

サブ3.5

フルマラソン3時間30分切り。すごいこと。管理人の目標。

サブ4

フルマラソン4時間切り。市民ランナーがまず目指す目標。初フルマラソンでいきなり達成しちゃう人もいてちょっと悔しい。

LSD(Long Slow Distance)

その名の通り、長い距離をゆ~っくり走ること。足腰の強化だけでなく心肺機能向上にもつながる練習。お弁当もって途中で食べたりもできてとっても楽しい。

インターバル走

ダッシュ(限界の7~8割程度)とジョグを1セットとして、何本か繰り返す練習。心肺機能強化、脚力向上に効果的な練習だが、とっても苦しい練習なのでやる前から憂鬱になる。

カーボローディング

大会前数日間の何でも好きなだけ食べていいゴールデンタイム。ランナーは普段の食生活から気を遣っている人が多く、タガが外れて食いまくる。結果、結構太る。

グロスタイム

ネットタイムとどっちがどっちだかわからなくなるタイム。スタート号砲からフィニッシュライン通過までのタイムで正式タイムとなる。そのため大会によってはグロスタイムしか完走証に記録されないので悔しい。ガン(号砲)タイムの「G」と覚えるとちょっとは覚えやすいかも。

ネットタイム

グロスタイムとどっちがどっちだかわからなくなるタイム。スタートライン通過からフィニッシュ通過までのタイムで参考タイムとなる。遅い人ほどネットタイムを申告したがる。管理人もその一人。

DNS

Did Not Startの略。出場棄権の意味で大会にエントリーしたものの何らかの理由で参加できなかった場合に使うカッコいい横文字。

DNF

Did Not Finishの略。途中棄権の意味で大会に参加してスタートしたものの何らかの理由で途中でやめた場合に使うカッコいい横文字。体調不良の場合は早めのDNFが重要。

ハムストリングス

ランニングをはじめたランナーが比較的早い時期に覚える太もも裏のカッコいい言い方。「インターバルで追い込んだらハムストリングスをちょっと痛めてさ~」っていうのは大体言いたいだけ。

トレッドミル

ジムに置いてあるランニングマシーンのことだけど、知らない人が聞くと「何それ?おいしいの?」となる。

給水所

マラソン大会中のコース各所に設けられ、水、スポーツドリンクを提供してくれる場所。初心者は、走りながら受け取り、走りながら飲もうとすると高確率で豪快にこぼすため、他のランナーに邪魔にならないように受け取り、止まったり歩きながら飲む方がよい。

エイドステーション

マラソン大会中のコース各所に設けられ、水、スポーツドリンク、軽食を提供してくれる場所。軽食はバナナ、あんぱん、カステラなどがメジャーだが、その土地の名産とかも置いてあったりして目移りする。結果、選んで食べて・・・でタイムロス。あと食べ過ぎ注意。

あと5kmだぞ!

フルマラソンでよくかけられる声援。応援してくれる人は「のこり僅かだよ!」っていう気持ちを込めて言ってくれるのだが、37km走ってきたランナーにとっては「5kmもあるのかぁ・・・」と現実を突きつけられるキーワード。管理人の場合は飛躍して「5km→20分以上もまだ走るのか・・・」となる。