素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の発症から完治までの流れ

最終更新日: 公開日:

僕が腸脛靭帯炎(ランナーズニー)を発症させたのが2012年10月下旬。

それから違和感なく走れるようになるまで約10ヶ月かかり、フルマラソンに復帰できるまで1年半かかりました。

良くて1ヶ月、悪くても3ヶ月程度で治ると思っていたので、まさかここまで長引くケガになるとは思っていませんでした。

ケガで苦しんだ10ヵ月間は、良くなったり悪くなったりの繰り返し。
本気で走ることもできない。ランニング中は膝に違和感を持ったまま走り、大会にも出場することができず本当に悔しい思いをしてきました。

当然、日々のランニング自体を楽しむこともできず、走ることを諦めかけたこともありました。

その都度、同じ症状で悩んでいるランナーの方々の励ましや、野口みずき選手のようにケガで悩んでいる一流ランナーの頑張りに刺激を受け頑張りました。

いろいろな治療方法やランニングフォーム改良など試行錯誤を続けてきましたが、最近になってようやく試行錯誤が実を結びはじめ、回復に向かってきました。

そこで今回から、僕の腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の発症状況・治療方法・対策などを具体的にまとめていきたいと思います。

もちろん、ランナーにはケガになりにくい人となりやすい人がいて、僕の場合は明らかに後者です。今後も再発する可能性は十分にありますが、(特に足底筋膜炎と腸脛靭帯炎は再発率が高いようです)僕の経験が、同じく腸脛靭帯炎で悩んでいる他のランナーの方の少しでもお役に立てればと思っています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の発症から現在まで

2012年10月下旬

第18回四万十川ウルトラマラソンから10日後の練習にて発症。
左膝に痛みや違和感があるものの、全く走れない痛みではないため、距離やペースを落としてランニングを継続する。

2012年11月中旬

大阪マラソンを1週間後に控えていたため、レースペースで20km走を敢行。
途中で痛みが発生したが無視して走り続けたところ、ランニング後に激しい痛みが発生。
曲げ伸ばしが全くできない状態となり、大阪マラソンのを決意。翌日から病院へ行くことに。

2012年11月中旬

A病院にて診察。腸脛靭帯炎と診断。
年内一杯のランニング中止を宣告され、炎症止めの投薬と冷湿布による治療を開始。

2012年11月下旬~12月末日

ランニング休止期間。
これほど長い期間ランニングを中止したのは、本格的にランニングを開始してから初めて。

2013年1月(お正月)

初日の出ランを敢行。
3kmの距離を7分半/kmのペースで走るが、違和感が発生。

2013年1月中旬

B病院にて診察。腸脛靭帯炎と診断。
レーザー治療のリハビリを毎日受けるか、2週間に1度注射による治療をするかの選択肢があり、毎日通うことはできないため注射治療を選択。
腸脛靭帯炎の様子を見るための「ゆるジョグ」であればOKとの許可が出る。

2013年1月中旬~3月下旬

注射治療を受けながら、様子見ランを実施。
同じペース、同じ距離でも日によって痛みが強かったり弱かったり。違和感は常につきまとう状態。

2013年4月初旬

B病院で改善が見られなかったため、再度A病院を受診。
膝軟骨の損傷やリウマチなど、他の可能性を調べるため、MRI検査や血液検査を実施。
検査の結果、膝軟骨やリウマチなどの可能性はなし。MRI検査で腸脛靭帯の炎症が見てとれたため、炎症止めの投薬と冷湿布の治療を継続する。

2013年4月初旬~5月

5km以内をゆっくりペースであれば、痛みや違和感なく走れる日が増えてきたため、群馬の森さわやかマラソンにエントリー。
無事に大会も完走し、痛みもなし。回復の兆しが見え嬉しくなる。

2013年6月初旬

5km以内をゆっくりペースの練習で再度左膝に痛みが発生。
体も疲れた状態ではなく、距離もペースも無理のない範囲なのに痛みが発生したことに落胆。もう本気で走ることはできないのかと諦めかける。

2013年6月中旬

腸脛靭帯炎で悩んでいるランナーの方が、フォアフット走法に切り替えたところ痛みなく走れるようになったという記事をいくつか見つける。
いままでランニングフォーム改善には消極的であったが、可能性がある限り何でもやってみよう、ということで「newbalance ミニマス MT10」を購入し、フォアフット走法に取り組む。

参考:フォアフット走法はどうやるの?フォアフット着地の方法をご紹介
参考:腸脛靭帯炎を克服!フォアフット走法導入で回復の兆しが!

2013年6月中旬~8月下旬(現在)

フォアフット走法+内転筋を意識した走りが効果的だったのか、痛みや違和感なく走ることができるようになる。

ビルドアップ走などペースを上げても不安感なく走ることができるようになり、このまま練習の質、量ともに徐々に高めていく予定。

2013年9月~12月

10km以下の短い距離の大会なら出場できるようになる。
走っている途中の違和感もなく、走った後の疲労感・違和感もほとんどなし。アイシング等のアフターケアは続ける。

2014年1月~3月

2014年4月の前橋渋川シティマラソンのフルマラソンに向けて練習を積む。

ロング走や追い込んだ練習をしたときは左膝に疲労が溜まった状態になる。アイシングや低周波治療器によるアフターケアを欠かさずに実施。

参考:オムロン低周波治療器 HV-F125 エレパルスでランニング後の筋肉ケア
参考:猫ひろしも使ってる!ランニング後のケアに低周波治療器がお勧め

2014年4月 フルマラソン復帰!

第1回 前橋渋川シティマラソンでフルマラソンに復帰!完走!

参考:第1回 前橋渋川シティマラソンを完走しました

腸脛靭帯炎(ランナーズニー)発症から1年半。長い期間の我慢と試行錯誤が実を結びようやくフルマラソンに復帰。

・ランニングフォームの改善
・ランニング後のアフターケア
・疲労を考慮した練習メニューの改善

ケガで落胆した時期は長かったですが、その分ランナーとして得られたものも大きい。

ケガはいつか必ず治ります。

ケガと上手に付き合いながら走ることを覚えます。今現在ケガや痛みで苦しんでいるのなら、決して諦めずに自分の思う方法をどんどん試してみてください!

腸脛靭帯炎の発症から完治までの詳しい記事

・腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の発症から完治までの流れ(本記事)
腸脛靭帯炎(ランナーズニー)を発症!日に日に悪くなる膝の痛み
ランナーズニーの治療 病院で注射を打てば痛みは治まるが・・・
回復と再発を繰り返す・・・ランナーズニーの怖さを実感
腸脛靭帯炎を克服!フォアフット走法導入で回復の兆しが!
ランナーの大敵!腸脛靭帯炎(ランナーズニー)の治し方

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ケガ, 腸脛靭帯炎(ランナーズニー)