素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

雨の日のランニング 気をつけたい注意点と対策は?

最終更新日: 公開日:

梅雨明けしたはずなのに毎日じめじめ~っとした日が続いてます。

私の住んでいる地域では、毎日湿度が高くて曇ったり雨が降ったり、不快指数が高まるばかりです(-_-;)

ここ1週間、天気が悪く走れなかったので、今朝も降りそうな感じでしたがランを決行しました。が、走り出した途端のどしゃ降り・・・まあ、こんなものですね(^_^;)

最近、雨の日のランニングは、よほど走りたい欲求に駆られるか大会前ではない限り控えるようにしています。雨の日のランニングは意外と危険だからです。

雨の日のマラソン大会を経験したことがない初心者ランナーは、以下のことに注意して、大会前に雨の日の練習を経験しておきましょう。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

雨の日は視認性が悪い!車・自転車・歩行者に注意する

雨の日は車・自転車・歩行者に注意しましょう。

雨の日は視界が悪く、自転車や歩行者は傘をさしているため前方が見えていなかったりします。
また、車を運転している方ならわかると思いますが、雨の日はランナーが見えにくく、特に雨の夜は全く見えなかったりします。

車・自転車・歩行者がいる場合、間隔に余裕がなければランナー側が必ず徐行をしましょう。

ランナーは走っているペースを変えたくないため、徐行したり止まったりするのを嫌う傾向にあります。同じランナーとして気持ちはわかるのですが、事故に巻き込まれたりしたら元も子もありません。

自分の身を守るためにも必ず徐行をしましょう。

※余談ですが、四万十川ウルトラマラソンでは、細い山道でダンプカーが通り、山肌が出ている道の側面に体を預けるようにして避ける場面に遭遇しました(^_^;)

雨で濡れた道路は意外と滑る

雨の日の道路は意外と滑ります。

マンホールや排水溝の上などが滑るのは大体想像がつくと思うのですが、アスファルトの上でも砂利を含んでいたり、水たまりの上では結構滑ります。

マラソン大会でも避けながら走れればよいのですが、ランナー同士で混んでいたり、道全面が水たまりで避けられない場面も出てきます。

事前の練習で、砂利道や水たまりを走る感覚を学んでおきましょう。

雨で濡れた体が冷える

真夏であれば熱を逃がしてくれる恵みの雨になるのですが、秋以降の大会では急激に体温を奪う怖い存在になります。

私は末端冷え性で、少し肌寒くなるとすぐにランニンググローブをつけるのですが、雨の日はランニンググローブも濡れてしまい、そこから体温を奪っていきます。

単に気温が低い寒さと、雨で濡れたことによる寒さは全然違います。

寒いのが得意な人も苦手な人も、雨の日に体や服が濡れた状態でどの程度体が冷えるのか?どの程度寒さに耐えられるのかを試しておきましょう。

レインウェアなどの雨具を試すいいチャンス

本番のマラソン大会で使用する、レインウェア(ウィンドブレーカー、カッパ、ポンチョ、ごみ袋)やキャップ、サングラスなどのランニンググッズを必ず試しておきましょう。

レインウェアは着なれていないと走りの妨げになったります。特にカッパ、ごみ袋などは走るとひらひらと邪魔になります。大会で他のランナーを見ると、洗濯バサミを利用して留めたり工夫されているランナーを見かけます。

個人的には雨の日のランニングキャップ、サングラスは必須です。

雨が顔や目にあたるかどうかで、精神的・肉体的な疲労度が全然違います。

ツバ付のランニングキャップを使用して、クリアレンズのサングラスをかけることによって、雨による顔や目のストレスがかなり軽減されます。特にフルマラソンを走る方には是非おすすめです。

マラソン大会、特にフルマラソン以上の大会では、走っている途中に雨が降り出すこともあります。できれば、「雨の日用の格好」と「通常時の格好」それぞれ最低1回ずつは雨の日の練習で試しておきましょう。

雨の日のお勧めランニンググッズ

おすすめの使い捨てポンチョ。
私も実際に使いましたが、上半身が濡れないだけでも全然違います。
カッパと違いひらひらすることもなく、Tシャツにつけてゼッケンも見えるので走っている最中に着たり脱いだりできます。

評価の高いインナーノースリーブ。

汗をかいても雨で濡れても肌はサラサラをキープし、体の冷えを防止するとのことで、SKINS A200 メンズ スリーブレス トップで体(特にお腹)の冷えを体験した私としては是非試してみたいインナーです。

雨の日のランニング、特に本番のマラソン大会となれば憂鬱にもなりますが、初夏~秋口なら暑さが和らげるし、雨の日は風もない日が多くなります。

グッズなどを活用して、上手に雨を乗り切りましょう。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - 雨の対策