素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

夏バテ防止!ランニング後のリカバリー食をご紹介!

最終更新日: 公開日:

連日、スッキリしない天気が続いてますね。

梅雨明けした九州、関西は夏晴れ。梅雨明けしていない日本海側の地方は大雨。梅雨明けしたはずの関東地方は何ともいえない「不快指数の高い」天気が続いています。

日差しはなくても注意したいのが「夏バテ」特に湿度の多い日に起こりやすい「熱中症」には要注意です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ランニング後のリカバリー食で夏バテを防止!

夏は夏らしく照りつけるカァーっとした日差しの中走りたい気分にもなりますが、そうは言っても気温も湿度も高い状態に変わりはないので、ちょっと走っただけでも汗ダクになり体力を奪われます。

そうなると、私の場合まず一番に気に掛けることが「胃腸」です。胃腸があまり強くなく疲労が胃腸に現れるので、夏の暑い時期はちょっとしたことで消化不良になったり、お腹を壊したりしてしまいます。

そのため夏のランニング後の食事は、できるだけ胃腸に優しく、且つ効率よくエネルギーを摂取できるように努めています。

私は朝ラン派のためランニング後の食事は朝食になるのですが、その朝食の内容についてまとめたいと思います。

SAVAS ザバスアクアホエイプロテイン100

まず、ランニング後すぐに「SAVAS ザバスアクアホエイプロテイン100」のグレープフルーツ味を摂取します。

目的は、ランニング後の筋肉疲労回復と水分補給のためです。

300~400mlの水と氷をプロテインシェーカーに入れてシェイクしてから飲むのですが、清涼飲料水のように飲みやすく、ランニング後の喉の渇きに冷たいグレープフルーツ味のドリンクが最高です。

以前はランニング前に作り冷蔵庫で冷やしておいて飲んでいたのですが、冷えすぎてしまい、それはそれで胃腸に負担がかかりそうなので今はランニング後に作るようにしています。

カルビー フルーツグラノーラ

ザバスアクアホエイプロテイン100を飲んだ後はシャワーを浴びて朝食を摂るのですが、飽きないように日によってメニューを変えています。

一番多いメニューが「カルビー フルーツグラノーラ」です。

いろいろな穀物やドライフルーツが入り、栄養価が高く、食物繊維・カルシウム・鉄分・各種ビタミンなどバランスよく摂取できます。
また、味もとても美味しく、牛乳をかけたりヨーグルトと混ぜたり、いろんなバリエーションが楽しめます。

味が美味しく何も考えないとつい食べ過ぎてしまうので、私は「フルグラ60g+牛乳100ml」を計って食べています。

納豆トースト

これは賛否両論あると思いますが、納豆トーストを食べることもあります。

納豆に付いてくるタレではなく、醤油か塩と一緒に混ぜて食パンに乗せます。
その上にスライスチーズを乗せてオーブンでトーストします。

納豆とチーズがパンと絶妙にマッチして、何とも言えない美味しさです。

納豆とチーズでタンパク質や鉄分を補給し、パンで炭水化物を補給するので、栄養バランス的にも理にかなった食事です。・・・が、ダメな人は当然いるだろうな~(*_*)

鶏肉チーズパスタ

これは休日のLSD・ロング走の後に食べる朝食です。(時間的には10時過ぎになるので)

鶏肉は胸肉かササミを油で焼きます。
茹でた方がカロリー的には抑えられますが、LSDやロング走の後なので気にしません。
季節の野菜(夏場はトマト、ナス、ズッキーニなど)を鶏肉と一緒に炒めます。
炒めた具材の中に茹でたパスタを入れて、塩であっさり味付けして、とろけるチーズを乗せてできあがりです。

夏のランニング後は食欲も低下しがちですが、パスタだと食べやすく、あっさりとした塩味が食欲をそそります。

このパスタをたくさん食べるために、暑い中でのLSD・ロング走を頑張るようなものです(^_^;)

夏場こそしっかり走ってしっかり食べて、秋口のステップアップにつなげましょう。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - 季節の対策