素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

夏の暑さ対策!熱中症にならないためのランニンググッズ

最終更新日: 公開日:

梅雨が明けて一気に暑くなりましたね。

昨日も5:30過ぎから走り始めたのですが、玄関を出た時点でもう暑い。急激な気候の変化に体もびっくりしています。

今の時期のように、気候がガラッと変わるときにハードな練習をすると、体に予想以上の負担となり疲れが溜まります。まずは気候の変化に慣れるためゆっくり練習し、少し体が慣れた頃に徐々に練習内容を充実させていきましょう。

先日、ランニング中の暑さ対策の記事を書きましたが、今回は、その暑さ対策のためのランニンググッズを紹介したいと思います。実際に私が使用している(使用していた)ランニンググッズです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

1.ネックカバー(日除け)付きランニングキャップ

夏のロング走・LSDではネックカバー(日除け)付きランニングキャップがおすすめです。

人間の体は温度・湿度・日差しによって疲労します。

温度や湿度はどうにもなりませんが、日差しはある程度遮ることが可能です。

夏の日差しを一番受けるのは、腕・足ではなく頭・首まわりですが、たいていのランナーはキャップは被るのですが首まわりは無防備なランナーが多いです。

首周りは真上からの日差しを直接受けるため、ここの日差しを遮るだけで疲労度が全然違います。特にロング走・LSDでは違いが顕著に現れます。熱中症になるのも大体が頭か首周りを直射日光にやられるときです。

一見すると首まわりが暑そうですが、ネックカバー部分を濡らすことができて、何も着けないよりも快適だったりします。

2.モンベル DELANEY CAMELBAK (ボトル付きウェストポーチ)

夏のロング走・LSDに水分補給は欠かせません。しかも水分補給はこまめに少しずつが基本です。

周回コースなどで途中に水道があればいいのですが、街中や山道を走ったりするときはなかなか水道は見つかりません。しかも夏場は塩分・糖分も補給したいため、できればスポーツドリンクや経口補水液にしたいところです。

そのため、私は走りはじめた当初、夏場の水分補給対策に「モンベル DELANEY CAMELBAK (ボトル付きウェストポーチ)」を購入しました。

モンベルは、以前紹介したウェストポーチ「クロスランナーポーチM」がとても使いやすく、個人的に信頼しているメーカーです。
[参考]mont-bell モンベル クロスランナーポーチM(内部リンク)

この「モンベル DELANEY CAMELBAK (ボトル付きウェストポーチ)」もクロスランナーポーチM同様ナイロン素材ですが、ボトルを保持するため作りは少し硬めにできています。腰回りにピッタリフィットするので装着感は申し分なしです。

ボトルも山岳メーカーらしく使いやすく、ボトルを手で握った分だけ中の水が出てくる作りになっていてこまめに少しずつを実現してくれます。

但し、ボトルの容量が0.6Lと大きく、これを満杯にして走るとさすがに気になります。

もともとウェストポーチ自体の揺れが気になる人で、クロスランナーポーチMで悩みが解消されたくらいなので、いつもはボトル容量の半分くらい(300ml)までスポーツドリンクを入れて走っています。

同じくモンベルから「アーク1ベルト キャメルバック」という0.3Lの少容量のボトル付きウェストポーチが出ています。

ボトル自体が計量でベルトに伸縮性があるので、腰にぴったりフィットしてボトルもポーチも全く揺れません。水やスポーツドリンクをそれほど飲まないランナーなら、こちらの方が重くなくて使い勝手も良さそうですね。

3.保冷剤

これは特別ランニング用のグッズではないのですが、私は地元の街中や山道に長時間ランででかけるときは、保冷剤をタオルで巻いてバックパックに詰めてでかけます。

ロング走やLSDなど夏の長距離ランニングでは保冷剤が一番役に立ちます。

まず、休憩中に保冷剤で首筋を冷やし頸動脈から体温を下げることによって、熱くなった体をクールダウンさせます。

また、巻いたタオルも冷えているので、顔洗ったり汗を拭いたりするときに冷えていて気持ちいいです。さらにバックパックに入れたボトルも冷やせるので、保冷剤を入れるだけで一石三鳥にもなります(笑)

ある日何気なくバックパックに放りこんだのですが、意外と使用用途があるので自分でも驚きました。

バックパックではなくウェストポーチの人も、ケーキなどについてくる小さい保冷剤(スーパーとかにも置いてありますね)をハンドタオルでくるんでポーチに入れておくと真夏のランニングでは重宝します。

ランニンググッズを上手に利用して夏場のランニングを楽しみましょう。
個人的には「バックパックに保冷剤」を是非試してみてほしいです。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - 季節の対策