素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

フォアフットラン走法!ランナーズニー対策のために導入を決意

最終更新日: 公開日:

new balance ミニマス MT10を購入してフォアフット走法を試し始めました。まだ導入段階なので自然に走るというよりも確かめながら走るといった感じですが、新感覚をそれなりに楽しんでます。
[参考]new balance minimus (ニューバランス ミニマス) MT10 購入(内部リンク)

フォアフット走法の話題がホットになってもう何年も経ちますが、私がこのタイミングでフォアフット走法を取り入れようと考えたのは、今悩んでいる「腸脛靭帯炎(ランナーズニー)」のためです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

腸脛靭帯炎で悩む日々・・・何とか抜け出したい!

昨年の四万十川ウルトラマラソン後の練習で腸脛靭帯炎を発症して以来、「日常は痛くない→5kmくらいを走る→違和感・鈍痛→治療・休養→日常は痛くない・・・」という負のスパイラルを繰り返し、今現在もまともな練習ができていません。

病院にも行きましたが負のスパイラルから抜けられず、足底筋膜炎のときのように根本的な部分を変える必要がある、という思いからランニングフォーム(走法)に着目しました。

ランニングフォーム(走法)の考察

フォアフット走法か?フラット(ミッドフット)走法か?かかと着地か?

マラソン・ランニング界では、その是非や効果など、賛否両論様々な意見・評価・研究結果が飛び交っていて、それはそれで興味深く、楽しいです。

ここまで賛否両論が分かれ、調べれば調べる程「じゃあ、結局どっちなの?」と結論がでないことってなかなかないことではないでしょうか?しかもそれが「走り方」という、ランニングするうえで根幹となる部分なのにです。

まあ、根幹となる部分だからこそ議論が大きく白熱するのだとは思いますが(^_^;)

そこで、私なりに走法に関する意見・評価をまとめてみました。

フォアフット走法(フラット走法も含む)
【メリット】
 ・負荷が重心に乗りやすく効率的に体重移動できる
 ・推進力を止めずに次の動作に利用できる
 ・膝・かかとへの負担が少ない
 ・人間本来の走りを実現
【デメリット】
 ・ふくらはぎ、アキレス腱など小さい筋肉への負担が大きい
  →ふくらはぎ、アキレス腱のケガの可能性大!
 ・足首、股関節などの柔軟性が必要(慣れの部分など)
かかと着地走法
【メリット】
 ・太腿、ハムストリングなど大きい筋肉が使える
 ・シューズのかかとのクッションを効率よく使える
【デメリット】
 ・体重移動が非効率的
 ・推進力を一旦止めてしまう
 ・かかとで衝撃を受け止めるため、かかと、膝への負担が大きい
  →かかと、膝のケガの可能性大!

細かく考察するといろいろあると思いますが、大きくは上記のように言われています。
そのようないろいろな意見を受けて、私の出した結論は「どんな走法でも走れば脚に負担はかかる!」です。

走らなければ負担はかかりません。走れば負担はかかる。それだけです。

・・・と言うとかなり乱暴なので私の考察を。

確かに、科学的に分析して、一般的に効率のよい理想のフォーム(走法)というのがあると思います。ですがそれはあくまで一般的であり、10人中10人に当てはまるとは私は思いません。

太腿の強い人・弱い人、膝の強い人・弱い人、ふくらはぎの強い人・弱い人、かかとの強い人・弱い人・・・人によってはどこが強いか・弱いかなんて違うだろうし、言ってしまえば、体質的に頑丈な人・ケガしやすい人がいる中で一概にこれは良い、これは悪いとは言えないと思います。

科学的に「このフォーム(走法)はここに負担がかかる」というのを認識したうえで、自分にはどのフォーム(走法)が合っているか試しながらやるしかないし、自分の体で試しながら、相談しながら試行錯誤することがランニングの魅力でもあると思っています。

自分がランナーでありトレーナーであるということですね。

フォアフット走法を試す理由

私が腸脛靭帯炎改善のためにフォアフット走法を取り入れようとしたのは、いろいろ調べる中でフォアフット走法で改善した方を多く見かけたからですが、決定打となったのは、ある1つのブログを拝見したからでした。

上記ブログの方は、ランや登山などアクティブに楽しむ方でブログの内容も面白いのですが、長年、腸脛靭帯炎で試行錯誤されていて、腸脛靭帯炎についての見識が豊富、今は腸脛靭帯と上手に付き合いながらランを楽しまれています。

その中の一つに「new balance ミニマス MT10」を試している記事があり、私の背中を後押ししてくれました。(カルマさんありがとうございます♪)

フォアフット走法で腸脛靭帯炎が全く治らないかもしれないし、腸脛靭帯炎が治っても他の箇所を故障するかもしれません。

でも、やってみなければわからない。ならばやるしかないでしょう!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - トレーニング・練習の考察