素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

ベアフットシューズ購入!ニューバランス ミニマスMT10でフォアフットラン!

最終更新日: 公開日:

フォアフット(ベアフット)ランニングのための人気商品「new balance minimus (ニューバランス ミニマス) MT10」をついに購入しました。

裸足感覚で走るランニングシューズですが、MT10はもともとはトレイルラン用のシューズ。アスファルト上を走るランニングでも人気の高いランニングシューズです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ニューバランスミニマスMT10の見た目は?

IMG_2414デザインはお気に入り♪

サイズは足サイズ実寸24.0cmに対し「サイズ:25.0 幅:2E」を購入。
つま先に適度に余裕がありサイズ選択はOKです。幅はDと2Eがありましたが、足幅平均よりちょっと細めの私でも2Eでちょうどよかったです。Dはこれよりも狭いのだろうか・・・

IMG_2413

フォアフット走法自体は前々から存在してましたが、数年前から注目度が高まり雑誌・ウェブでも数多く取り上げられている何かと話題の走法です。

完全に乗り遅れている感はありますが、私がフォアフット走法に注目し「ミニマス MT10」を購入したのには理由がありまして・・・それはまた別の機会に。

ミニマスMT10の走り心地は?

で早速試走してみました。

走り出しの感覚は「おお!確かに新しい!」です。
今までのランニングシューズにはない感覚でこれは面白い。

私は今のところ完全な「ヒールストライク(かかと着地)走法」なのですが、かかと着地をするとダイレクトに衝撃がきますね。ただ見た目のソールの薄さの割りには柔らかい印象で、想像してた程の硬さと裸足で走っているような感覚はありませんでした。

IMG_2415ソールが薄く、かかとにクッションもない

「自然とフォアフット走法になる」といったレビューの方もいましたが、私の場合は自然とフォアフット走法にはなりませんでした(T_T) 従来のヒールストライク走法が強すぎるんですかね?意識しないとかかと着地になってしまいます。ただ、フォアフット走法しやすいのは確かです。

IMG_2417ビブラムソールでカテゴリは「トレラン用」

私がミニマスMT10で走って一番強く感じたのは、自分の体重が足裏のどこにかかっているかがハッキリとわかるということです。左右の足で体重の乗るポイントの違いもわかるので練習になりますね。これは。

IMG_2416つま先部分が広いので母指球あたりでしっかり地面をとらえられます

とりあえず3kmランでしたが、他の方同様、ふくらはぎが筋肉痛です(笑)
ランニングの楽しみがまた一つ増えそうです。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニングシューズ