素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

ランニング中の足の攣り予防!ミドリ安全の塩熱サプリが効果的!

最終更新日: 公開日:

マラソン大会での塩分補給どうしてますか?

ランニングなど運動している最中は汗と一緒に塩分も流れ出します。そして本人が思っている以上に塩分が奪われています。

私は、フルマラソン以上の距離の大会、もしくはLSDで長い距離を踏むときの練習では必ず「ミドリ安全 塩熱サプリ」を携帯して走りながら摂取しています。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

塩分・カリウム不足は足の攣りを発生させる

私は以前、40km以上の距離を走ると必ずふくらはぎや太腿の痙攣・攣りが発生して、走るペースを落としたり、その場で休憩やストレッチを余儀なくされていました。

練習不足による影響もあるかもしれませんが、調べてみると、ナトリウムやミネラルといった電解質不足によっても引き起こるとのこと。

ナトリウムやミネラルは汗とともに流れ出ます。

私は比較的代謝が悪く、汗をかかない体質(マラソンには不向き・・・)なのですが、走っている最中の発汗はそれなりの量になるらしく、汗をかいていないと思っていても、日に照らされていたり風をきったりする影響ですぐに蒸発するため「汗をかいてないように見える」だけなのだそうです。

確かに、それほど暑くないときに走った後でも、自分の汗の塩で腕が白くなる時があります。

そこで塩分と電解質補給のサプリメントとして「ミドリ安全 塩熱サプリ」を携帯し走りながら摂取することにしました。

効率的な電解質補給 気分転換にもなる

ジッパーがついた小分けの小さい袋(百均で購入)に6粒くらい入れて、だいたい10kmを目安に補給しています。

塩熱サプリの影響か、練習を積んだ影響かわかりませんが、塩熱サプリを補給するようになってから、ふくらはぎや太腿の痙攣、攣りは全くなくなりました。明らかに練習不足のウルトラマラソン(100km)でも痙攣しなかったことから、塩熱サプリの効果があったのだと思います。

また、味が美味しく摂取しやすいので走っている間の気分転換にもなります。

私が幼少の頃大好きだった「明治 ハイレモン」に似ている味で、「あと1km走ったら食べるぞ!」といった具合に目標にもなります。

今のところフルマラソン以上の大会では私のマストアイテムになってますね。

マラソン大会で足が攣ってしまう、疲労が激しいという方は塩熱サプリを試してみてください。塩飴なども有効とは思いますが、塩熱サプリは即効性があってお勧めです。味も美味しくて気分転換になるのもいいですね。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニンググッズ