素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

ランニング中に足裏が痛い!足底筋膜炎を発症から治るまで

最終更新日: 公開日:

2012年6月中旬。普段と変わらない朝ランの最中に、突然歩けなくなるほどの痛みが右の足裏に発生しました。

もともと足裏の痛みがクセになっていて、連続してロング走を行うと必ず足裏の痛みが発生していたのですが、走れなくなる程の痛みではなく、走っている最中にピリっと痛む程度でした。また、痛みが気になる時や大会に出場するときは「キネシオロジーテープ」で足裏をサポートすることによって疲れや痛みを軽減させれば問題ありませんでした。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

足底筋膜炎が発生したときの状況

今回の痛みは全く走れなくなる痛み。痛みが右足の外側や甲側まで伝わってきて、やむを得ず歩いて帰るしかありません。歩くのも痛みでやっとの思いでした。

足裏の痛みが発生した状況は

・朝ラン10km走の最中。ペースは5分/km。
・8km過ぎから痛み出すが走り続け、10km地点では激痛に。
・シューズは「ミズノ ウェーブアミュレット2」

といった状況で、本当に普段どおりのランニングでした。

足底筋膜円の症状

・痛みがひどく走ることができない
・歩くときも痛みがあり普通に歩くことができない
・テーピングでサポートしても痛みが軽減しない

歩くときも痛みで普通に歩けない。キネシオテープでのテーピングでも痛みが軽くならないことから、いつもよりも重傷なのは分かりました。

足底筋膜炎の対応

まずは自分でできるかぎりの対応と治療を試みました。

・まずはランを中止(走れないので強制中止)
・足裏のアイシング&冷湿布
・歩くときもテーピングでサポート

上記の対応を1週間続けたのですが、痛みが和らぐことはなく、走るどころか普通に歩くのもままならない状態が続くだけでした。

今までちょっとした膝の痛みやハムストリングの痛みなどを発症させたことはありましたが、大体2、3日~1週間程度休むと完治していただけに、今回はいつもと違う大きなケガではないかと認識しました。

結局、発症してから1週間後に整形外科に行くことになりました。脚のケガで病院へ行くのはランニングを開始してから初めてです。

[次のページ]足底筋膜炎の治療で整形外科へ!その治療法とは?

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ケガ, 足底筋膜炎