素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

第6回酒田つや姫ハーフマラソンに参加しました

公開日:

ここ最近の秋冬シーズンの初戦となっている「酒田つや姫ハーフマラソン」の10kmの部に今年も参加してきました。

酒田つや姫ハーフマラソンは

  • 10月中旬でも走りやすい気候
  • 起伏が少なくてほぼ平地
  • 道が広くて人数も少ないのでストレスがない
  • 給水・エイドが充実している

といったように、地方の大会にしてはかなりレベルが高く、楽しく、そして好タイム(自己ベスト)も狙える大会です。いろいろな大会に参加してきてますが、かなりおすすめの大会です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

酒田マラソン前日まで

酒田マラソンの前日までは、例年どおり観光を楽しみました。

新潟経由で山形県酒田市へ

僕が住んでいる群馬から山形県酒田市までは車で5時間半~6時間。なかなかの長丁場です。

朝10時くらいに出発して、途中の新潟で昼休憩。

新潟は実は「ラーメンの街」で、いろいろなラーメン屋さんがあるのですが、今回は「万人家」さんで全部乗せの「特製ラーメン」をいただきました。

家系ラーメンだけどコッテリしてなくて、中年を迎えた僕のお腹にはちょうどいいです(笑)

酒田市の夜

酒田では、いつも食い道楽になってしまって、明らかに重くなって帰ってくるのですが、今回も例年どおり食い道楽になってしまいました・・・

大会前は生ものは避けて中華で

こちらは山形名物「芋煮」

醤油ベースで、牛肉とネギを使うのが庄内流(酒田流)らしいです。内陸になると味噌ベースになるみたいですね。

酒田は港町として栄えた街で、ゴルフメーカーで有名な「本間ゴルフ」をはじめ、かつては大変活気ある街だったようです。

街灯が雰囲気ありますよね

今は昭和時代のような活気はありませんが、古き良き街並みや料亭など、昭和の品の良さが残っているなんともいい街です。

街が大きくなくて1日2日で観光できるところも、ゆっくりと海や街並みを味わって観光したい人におすすめです。海の幸も美味しいですよ!

最初に来た頃は「小さい街だな~」と、少し物足りなさを感じていましたが、酒田を知れば知るほど、そして年をとっていくにつれて良さがわかる街ですね。

酒田マラソン当日

前日まで観光を十分楽しんで(十分体重を増加させてw)大会当日です。

酒田つや姫ハーフマラソンは

  • 1km
  • 3km
  • 5km
  • 10km
  • ハーフ

と種目の多い大会です。

1km、3kmは小中学生のみですが、5km、10km、ハーフと、秋冬シーズン初戦の練習として、またハーフ以下の距離で自己ベストを狙う大会としておすすめです。

スタート~3km

10kmのスタートは10時5分。

スタート15分前に並んでいると、ゲストランナーの野々村真さんが、先頭から最後尾まで握手しながら気さくに話しかけてくれました。過去何回も、そしていろんな大会に参加してますが、ここまでフレンドリーにサービスしてくれる芸能人(ゲストランナー)は初めてです(笑)

参加人数がそれほど多くない大会ならではですね。

スタートは光ヶ丘陸上競技場隣の道路からスタート。

スタート直後は例によって緩くて長い上り坂です。

ここで先頭でスタートした野々村さんが早くも最後尾の方へw

「ちょっと、坂道だよ?みんなもう少しゆっくり行こう!」
「早くも坂で疲れてきたよ~」

と終始喋ってました(笑)

沿道の人と積極的に握手したり、自分からランナーや応援の人に声かけたりと、かなり好印象。ファンサービスに徹してて、本当に凄かったです。

さて、僕のランに戻ると、

  • 1km:5分36秒
  • 2km:5分ジャスト
  • 3km:4分50秒ちょっと

と、久しぶり&練習不足の割に、なかなかいいペースの入りでした。

3km~7km

3kmを過ぎて最初の折り返し地点のあたりから、左足の脛(すね)付近に痛みが!

これ、たまに練習でも発生するのですが、いきなりスピードを出して走り始めると、すねが痛くなる時があります。

走れない痛みではないけどペースは上げられない。しばらく走り続けてると痛みが治まるときもあるけど治まらないこともあったりと、なかなか厄介な症状です。未だに原因がわからないのですが、こういう症状になったことある方いますか?

大会では出たことなかったのですが、初めて大会で発生しました。

記録を狙う大会じゃなくて良かったですが、この影響で3km~7kmまではキロ5分10秒~15秒ペース。50分切りどころか、51分も危うい?さすがにペース上げたいなぁ、と思いながらのランでした。

7km~ゴール

光ヶ丘陸上競技場を過ぎて、海沿いのコースへ。

道路が完全封鎖で本当に走りやすい!

7km過ぎたあたりから「すねの痛み」が治まってきたのでここからペースアップ!

息もあがってないし、足取りも力強く走ることができます。

もちろんペースアップしたことで辛くはなってくるのですが「この苦しさが走ってるって実感してることだよな~」とか考えながら走る余裕がありました。暑くなく、天候的にも走りやすかったからもありますね。

海沿いのコースを折り返して光ヶ丘陸上競技場へ。このあたりのペースはキロ4分35秒ペース。前半の遅れを取り戻して何とか50分切れるか?少し足りないかな?というところでした。

そんなラストのところで、再び野々村真さんとすれ違います!

3kmくらいのところで断トツの最後尾だったので、てっきりファンサービスに徹して途中棄権するものだと思っていたので驚きました。

最後に沿道の人の応援を受けて、陸上競技場のトラックを1周してゴール。

ゴール後

  • グロスタイム:50分29秒
  • ネットタイム:50分13秒

50分は切れなかったけど、シーズン初戦、そして途中のすね痛があってからのペースアップもできたので上出来です。

ゴール後はこれも例年通り「芋煮」と庄内米「つや姫のおにぎり」
芋煮は味噌ベースと豚肉なので内陸流ですね。

芋煮を食べて、軽く着替えて、さて帰ろうかと競技場の外に出て歩き始めると・・・

野々村真さんが最後のカーブを曲って競技場へ!!

最後まで声援に応えて声出して、そしてしっかりと完走。なんていうか芸能人の凄さを見たというか、元ランナーではないゲストランナーでも、ここまで頑張ってファンサービスしてる人は初めてです。

・・・と、なんだか終始「野々村真さん」の話題でしたが、おかげで今年も楽しい大会になりました。

大会後は山居倉庫でお土産

大会後はこれも例年通り「山居倉庫」でお土産のお買い物

地元の名産と地元の野菜をたくさん買って帰路へ。

ちなみに、山居倉庫の「けやき並木」は雰囲気あって、酒田に来たらぜひ観光したいところです。

天気が良くて、けやきがもっと色づくとかなりキレイですよ!

今回も酒田観光と大会をたっぷり堪能した酒田つや姫ハーフマラソンでした。

■過去の酒田マラソンの記事はコチラ
第2回 酒田シティハーフマラソン 完走しました
第3回酒田シティハーフマラソン 完走しました
第4回酒田シティマラソンでtakumi ren boostデビュー!
第5回酒田シティハーフマラソン10kmの部を完走しました

スポンサード リンク

スポンサード リンク
サブフォー(サブ4)を目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック「アミノサウルス」フルマラソンでは必ず携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果(レビュー)はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - マラソン大会, 酒田シティマラソン