素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

第13回浜松シティマラソン(2017年)ハーフの部完走記

最終更新日: 公開日:

2017年2月19日に開催された「第13回浜松シティマラソン」のハーフマラソン完走記、今回は大会当日編です。

前日までの「NHK大河ドラマ おんな城主直虎 観光編」は前回の記事にまとめました。井伊直虎めぐりの充実した1日だったし、今回の大会当日編の伏線もあるので、ぜひ読んでみてください。

参考:NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」で熱い浜松でハーフマラソン(前日観光)

浜松シティマラソンのハーフの部は、浜松市役所からスタートして市街地を抜け、ゴールとなる四ツ池公園陸上競技場を通過して、航空自衛隊浜松基地をぐるりと往復するコースです。

スタートは2月19日の午前9時。

午前9時スタートに備えて、浜松の友人と7時10分過ぎにホテルのロビー集合でした。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

起床からスタート前

起床・・・??

・・・ ・・・ン
・・・ ブーン
ブーン ブーン

「・・・はい・・?」

『もしもし、悪い、7時10分ちょっと過ぎそうだわ』

「・・・・」
「・・・ん???」
「!!!???」
「あっ!ヤバい!!寝坊した!!!」

第13回浜松シティマラソンの1日はこうして始まりました。

・前日は寝不足気味
・なかなか疲れた直虎観光
・いい感じにお酒が入った夜

もう、寝坊フラグ立ちまくりですよね(笑)

それでも、目覚ましをかけた5時半くらいに1度起きたんです。起きてトイレに行って鏡を見て「あ~、疲れた顔してるな~」ってところまでは覚えているのですが、次の瞬間は浜松の友人の電話で起こされた時でした。

とりあえず別のホテルに泊まっている後輩を先に迎えに行ってもらって急いで準備です。

物は散らかり放題、ゼッケンもつけてない、何にも準備してない状態から

・顔と歯を洗って
・着替えて
・足にテーピングして
・大会に持っていく荷物をまとめて
・泊まりの荷物をまとめて
・ホテルをチェックアウト

ここまでを20分、7時半までに済ませたのだから上出来です。我ながらのスピード準備。まあ二度と経験したくないですけどね。まだハーフマラソンで助かりました。これがフルマラソンや100kmマラソンの朝なら心折れてますね。。。

元城町東照宮の家康・秀吉像

ホテルから歩いて浜松市役所を目指しますが、ちょっと寄り道。僕のせいで忙しくなってしまいましたが、元城町東照宮にある「家康・秀吉像」を見に行きます。

おにぎり1個とまんじゅう1個を食べながら急ぎ足で。途中、小走りしながら、浜松城公園近くにある「元城町東照宮」に着きました。

浜松は若かりし頃の徳川家康と、少年時代の豊臣秀吉のゆかりの地で、二人ともその後天下統一を果すほど出世したことから「出世の街 浜松」として売り出しています。

家康・秀吉像

この像は、三方ケ原合戦時に武田軍に立ち向かった若き家康と、現在の南区にあった頭陀寺城主の松下之綱(ゆきつな)に身を寄せていた少年時代の秀吉を表現しているそうです。

2年前に建てられた新しい像で、家康と秀吉の間に立って写真撮影できます。

スタート前

家康・秀吉像がある東照宮から市役所まではすぐ近く。なんとか8時ちょっと過ぎに浜松市役所に着きました。あー、忙しかった~

スタート地点はまあまあの強風。前半は向かい風が強そうで、なかなか走るのにも苦労しそうなコンディションです。

市役所に着いて準備していると、3年前の大会でも一緒に走った浜松の友人の友人(Tさん)と合流。またこれまた浜松の友人の先輩?(Aさん)と合流。

Aさんは、見るからに速そうな体つきです。それもそのはずで、前回の浜松シティマラソンではハーフを1時間22分台。それでも練習不足だったらしく、今回は1時間17分台が目標とのこと。

Aさん。速そうでしょ?

Aさん「前回の5倍は練習したからね~」とのこと。

ホント、前日お酒飲んで寝坊してすいません・・・

ちなみに、先にAさんの結果を言いますが、1時間16分台で走り、見事年代別3位です!すれ違ったときも速かったな~

さて、寝坊したからといっても、今回はこのハーフマラソンがメインです。決して鰻を食べに来たことが目的ではありません!浜松観光が目的ではありません!

いつものルーティーンどおり「アミノバイタル パーフェクトエネルギー」と「アミノサウルス」を摂取してスタートに備えます。

スタート~陸上競技場

スタート地点に並ぶときに、2時間20分のペーサー「湯田友美さん」を見ようとしましたが混んでいて断念。レース後に拝見しましたが、

めっちゃ美人でした!

めっちゃ美人でした!

2回言った。

あ~、今考えたら写真撮ってもらえばよかった。

でも、こういうときに撮った写真って、すごい美人の隣に冴えないマヌケ顔のオッサンが写ってるだけの写真になるので一緒に撮らないほうがいいんですね。あやうく黒歴史を1個増やすところでした。。。

さて、スタートからの入りはキロ6分半~7キロの予定。浜松の友人はひとりだけ速いのでスタート直後に離れるとして、大学の後輩は僕と同じくらいのペース予定なので、スタート後少しは一緒に走れると思ってました。

午前9時、浜松シティマラソンハーフの部スタート!

さーって、ゆっくり走るかーと思ったら、大学の後輩もどんどん先に行ってしまいました。。。まあ、一緒に走ろうと言ってたわけじゃないけど、こんなにアッサリ置いていかれるとは思わなかった。初っ端から一人旅です。

スタートから5km地点までは平坦なコース。途中の和太鼓の演奏などを聴きながら、ゆっくり街並みを楽しんで走りました。左足首の状態も大丈夫そうです。

5km過ぎからは、浜松シティマラソン名物の激坂!

なかなかの急坂ですが、それが地味に長く続くんです。ここさえなければ平坦なので、自己ベスト更新にはいいコースだと思うのですが、この坂が難関ですね。

ここまでのペースはキロ6分30秒~6分ちょい切り。理想通りのペースです。

陸上競技場~航空自衛隊浜松基地の往復

陸上競技場の脇の坂を登りきった後は平坦コースです。

風は吹いていましたが思ったより強くなく、足首の状態も悪くありません。先に行った後輩に追いつこうと少しペースを上げて走りました。キロ5分45秒前後。これも理想的なペースです。

ですが、走っても走っても全然後輩に追いつけません。それどころか、折り返しで浜松の友人も、友人の友人Tさんともすれ違いません。見逃したかな~っと思いつつ、折り返してからさらにペースを上げます。

15km、16km、17km、18km。走れども走れども全然追いつけません。みんな2時間切るペースか、速いなーとか考えながら走ってましたが、気がつくと僕も頑張れば2時間切れるペース。でも、2時間切るためには19kmからキロ4分50秒を切るペースで走らないとです。

19km地点~ゴール

「もともとゆるランのつもりだったし、追いつけなさそうだしいいかな~」

と思ったその時、遥か先にTさんの姿を捉えました!

頑張れば追いつける!足首は大丈夫そう!

ストライドを上げるために骨盤全体から脚を動かすことを意識して、1歩1歩Tさんに迫ります。

20km地点手前、国道に入ったところでついにTさんを捉えました。
Tさんに軽く挨拶をして、先にいる後輩を追いかけます。まだ追いつけるかもしれません。

浜松シティマラソンは、ラスト1kmが下りです。一番苦しい場面で下り坂はありがたい!20km頑張ったご褒美のボーナスゾーンと呼んでいますが、ボーナスゾーンでさらにペースを上げてキロ4分28秒で走ります。それでも後輩には追いつけませんでした。

坂を下り陸上競技場に入り、トラックを半周してゴール。1時間59分36秒。

ギリギリ2時間切りでしたが、最初のチンタラペースを考えれば上出来です。最後に抜かしたTさんに感謝です(笑)

ゴール後は、先に行った浜松の友人が待ってました。

友人に後輩の結果を聞いたところまだゴールしてないとのこと。

おかしい?抜かした覚えもないしすれ違った覚えもない。後輩も膝裏をケガしてたし、まさか途中棄権?と思ってましたが、僕の20分後くらいに無事ゴール。途中で気づかないうちに抜かしていたようです。

ゴール後はクールダウンして着替えてバスで浜松駅まで移動です。

浜松シティマラソンおもてなしマルシェ

浜松駅まで移動した後に、浜松駅前で行われていた「浜松シティマラソンおもてなしマルシェ」に参加しました。

このイベントは、株式会社TOMO RUNという浜松の総合スポーツマネジメント会社が企画したイベントです。

参考:浜松の総合スポーツマネジメント会社・株式会社TOMO RUNの公式ブログ

TOMO RUN代表の中川智博さんはめちゃくちゃ凄い人で、かつてスズキ陸上競技部に所属。全日本3,000m障害チャンピオン、ニューイヤー駅伝選手など、トップアスリートとして活躍した人です。昨年スズキを退社して会社を立ち上げたそうです。

こういったイベントの他に、ランニング講師の派遣、講演会の企画・運営、ランニング教室など、ランニングに関わることから浜松を盛り上げようという会社です。僕も同じ起業人として、自分の得意分野を活かして地域貢献する活動は尊敬するし応援したいです。

ただ正直、浜松駅のおもてなしマルシェはちょっと閑散としてましたね。事前にランナーに通知されていればもう少しランナーも来たかもしれません。外のイベントだったので寒さもありました。僕も寒さで最後はギブアップでしたから(笑)

でも、昨年立ち上げたばかりの会社だし、まだまだこれからです。いろんなイベントを企画して、浜松を盛り上げていって欲しいですね。

浜松シティマラソンまとめ

おもてなしマルシェを後にして、大学の後輩を見送って、お風呂に入って新幹線で帰宅です。

参加賞のタオル「直虎ちゃんと家康くん」

今回も充実した浜松観光&マラソンでした。全部おごってもらった浜松の友人には感謝です。こうしてマラソンのイベントで普段会えない友人や久しぶりの後輩と会うのはいいですね。こういったイベントがなければ集まらないですからね。

もっと走る知り合いが増えて、こうした輪がどんどん広がっていけば楽しいだろうな~っと考えながらの帰宅でした。

あと、今回はさわやかのハンバーグを食べる機会がなかったので、次に来たときはさわやかハンバーグおごってもらおう~っと。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
サブフォー(サブ4)を目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック「アミノサウルス」フルマラソンでは必ず携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果(レビュー)はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - マラソン大会, 浜松シティマラソン