素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

第5回酒田シティハーフマラソン10kmの部を完走しました

公開日:

酒田シティハーフマラソンに大会名が変わってから、今年で5回目となる大会に今年も参加してきました。

群馬から遠い、山形県酒田市で開催されるマラソン大会ですが、第2回から4年連続の出場となります。東北・北陸以外でここまで連続して出てるのは僕くらいじゃなかな(^_^;)

第2回酒田シティハーフマラソン10kmの完走記
第3回酒田シティハーフマラソンハーフの完走記
第4回酒田シティハーフマラソン10kmの完走記

スポンサード リンク

スポンサード リンク

酒田シティハーフマラソンの特徴

酒田シティハーフマラソンは

  • ハーフ
  • 10km
  • 5km
  • 3km
  • 1km

の種目がある大会で、ハーフから5kmまでは高校生から一般、3kmは中学生、1kmは小学生と家族で楽しめる地元密着型のマラソン大会です。

地方の一大会ではあるのですが、以下のようにランナーにとっては好条件が揃ってる大会なので、毎年秋のシーズン初めの大会としています。

  • コースが平坦(PB更新が狙いやすい)
  • 参加人数が少ない(コースが混まない)
  • 給水が充実している(スポンジあり)
  • 大会の運営がしっかりしている

コースが平坦で広々としていて、オール閉鎖!一般車がランナーの横を走ることがありません。参加人数が少ないので、スタート後からもあまり混むことがありません。

また、給水所が充実していて、水・スポーツドリンク・スポンジは毎箇所、補給食も充実しています。

荷物預かり所なども運営がしっかりしていて、スタッフさんの人数も多いので、ランナーが「待ち」などでストレスになることもありません。

毎年、10月中旬にしてはなぜか暑くなるのが不思議なのですが、気分良く自己ベスト更新を目指すなら本当におすすめの大会です。

酒田シティハーフマラソンのコース

コースは、ハーフと10kmが同じで時間差スタートになります。

sakata_course_5※クリックで拡大します

前半5kmまでを酒田の中心地(市街地)を走り、5km過ぎにスタートの競技場に戻ってから7km地点から海岸沿いを走ります。

10kmはちょうど声援の多い中だけを走ることになりますが、ハーフは7km~19kmくらいまでは声援もほとんどない、ひとり自分との戦いです(笑)

ハーフの15分後に10kmがスタートするので、10kmの部でタイムが速い人は、ハーフの遅い人がちょっと邪魔になるかもしれませんね。それでもコースが広いので、ストレスにはならないと思います。

10kmの部完走記

ウォーミングアップ

泊まったところから会場の光ヶ丘陸上競技場までは2km弱。今年は初めて車ではなく徒歩で会場入りすることにしました。

10kmの部スタートは10:05。

7時に起床してどら焼きを1つ食べる。
目覚まし目的のシャワーを浴びて走る準備。

8:30に家を出発して、途中コンビニでスポーツドリンクを購入。9時前には会場についてしまいました。来年からは8:50くらいに家を出発しても良さそうです。

会場についてひと通り見て回って時間を潰し、9:20くらいにアミノバイタルパーフェクトエネルギーを補給。コンビニで買ったおにぎりを食べようかどうか迷ったけど、10kmだしパーフェクトエネルギーを飲んだらお腹も満たされたのでおにぎりは食べず。ハーフなら食べたと思います。

それにしても天気がいい!

快晴で気持ちいいラン日和。1ヶ月後にフルマラソン(つくばマラソン)もあるし、ハーフの部に参加しておけばよかったなぁ・・・と少し後悔。

9:30に荷物を預けてウォーミングアップ。

sakata_5_01広々してウォーミングアップもしやすい

ストレッチをした後、50m~100mくらいの距離を少し息切れするペースで3本ダッシュ。10kmは最初からほぼトップスピードで走るので、スタート前に1度心拍数を上げる方法で体を慣らします。10km大会でスタート後にすぐに息が上がってしまう人におすすめです。

10km本番

9:55にハーフの部がスタートしたのを見てスタート地点へ。参加人数が少ないので、ゆっくりしてても結構前の方に並べます。

10:05 10kmの部スタート!

sakata_5_02スタートの直線

スタート後いきなり緩やかな上り坂で、ここで頑張ると一気に息切れしてしまうので、ペースは抑えめに。最初の1kmが5分16秒。まずまずの出だし。

市街地に入ってからは2km地点4:50、3km地点4:55といいペース。それほど心拍数が上がってなさそうだし、50分はなんとか切れるかな。

sakata_5_03市街地コース。本番は全面ランナーコースになります

それにしても暑い!
日差しが強いし、前日に雨が降ったこともあって蒸し暑い!
毎年、なぜか酒田シティハーフマラソンの日は気温が高くなるんだけど、体感的には今年が一番暑かったかも。

酒田シティハーフマラソンは小さい大会なのに、給水所に必ずスポンジがあるのがありがたいです。普段は10kmだと給水しないのですが、さすがに5km過ぎからは毎回スポンジで後頭部と腕を冷やして走ります。

sakata_5_04

海岸沿いを抜けて陸上競技場に帰ってきて、最後はダッシュしてゴール。

最後まで目一杯苦しむことなく過去大会の中では一番余裕を持って走れた大会でした。(ちゃんと本気では走ってるんですよ!)

sakata_5_05
グロスタイム:49分02秒
ネットタイム:48分49秒

ゴール後はおなじみの芋煮とおにぎりを食べて帰宅です。

今回も食べ道楽

今回も美味しいものを食べすぎて、明らかに走ったカロリーよりも摂取カロリーがオーバーしてます。。。

sakata_5_06途中の新潟で食べたラーメン

sakata_5_07

sakata_5_08秋田県由利本荘のスペイン料理。
ここは毎年必ず行きます!

sakata_5_09

sakata_5_10酒田市内の焼肉屋さん。
走ったあとはタンパク質!

酒田にしては珍しく、風もなく天気も荒れなかった週末で、今年も酒田を満喫することができました。

来年はハーフに出よう!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - マラソン大会, 酒田シティマラソン