素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

第3回前橋渋川シティマラソン10km走ってきました

公開日:

2016年4月17日(日)に開催された「第3回前橋渋川シティマラソン」の10kmの部に参加してきました。

結果は49分19秒。
10kmのスピード練習をしてない割にはまずまずでしたが、やっぱり10kmと言えども甘くみてはいけませんね。結構疲れました。

過去2回はフルマラソンでの参戦。
特に、昨年のフルは練習不足による完全な失敗ランで、フルマラソンの難しさを改めて知らされた大会でした。いつかはリベンジしないと!

参考:フルマラソン完走・・・まさかの自己ワースト記録
参考:第1回 前橋渋川シティマラソンを完走しました

スポンサード リンク

スポンサード リンク

大会の準備

当日朝の天気は曇り。
今にも雨が降りそうで、前日の予想も雨。なので、半分くらい参加を諦めていて、前日も夕飯メニューを考えずに食いまくってました(笑)

マラソン大会で持っていくグッズ

一緒に参加する友人から「今日、いけそうだね!」というメールで起床。
全く準備してなかったので、急いで着替えて、必要荷物をパッキング。雨は降ってもポツポツ程度だろうと予測して、雨の日グッズは持たず。

参考:雨の日のマラソン大会の対策はコチラ

マラソン大会で必ず持参するグッズは
・飲み物(500mlスポーツドリンク)
・アミノバイタル(スティック状)
・エナジージェル(2本くらい)
・ビニール袋
・ビニールシート
・ティッシュ
・ウェットティッシュ(手を拭く用)
・ボディーシート(体拭く用)
・着替え用のTシャツ、ジャージなど

今回は10kmなのでそれほど持ち物は多くありません。日帰りの大会だとこの程度かな。参加賞を入れるスペースを計算すると、僕のドイターの20Lバックパックだとこのくらいが限界。

あると便利なのがビニール袋、ウェットティッシュ、ボディーシート。

エナジージェルとか飲むと手がベトベトになるし、大会後に飲食とかするときにウェットティッシュは必需品です。そしてウェットティッシュなどゴミを入れるためのビニール袋も必須。

ボディーシートは、走った後の着替えでサッと拭けば汗臭くなくなるし気分もリフレッシュできます。

この3点セットはおすすめですよ。

移動はクロスバイク

会場となるグリーンドーム前橋までは、家から片道10km弱。
会場まで走って、大会で走って、会場から走って帰る合計30km走も考えたのですが、天気が悪かったのでクロスバイクで行くことにしました。

IMG_7526愛車の「ビアンキ カメレオンテ」

片道10kmを気軽に行けばウォーミングアップになると思ったのですが、途中でロードバイクに追いつかれまいと頑張ってしまって、結構体力使いました・・・

大会の様子

スタート前

会場は時折晴れ間が覗いたり、すぐに雲がかかってポツポツ雨が降ってきたりと不安定な天気。最初は風がなかったのですが、10kmスタートの10:30に近づくにつれて風も強く寒くなってきました。

IMG_7543これは帰りに撮ったグリーンドーム。風が強かった!

グリーンドーム前橋の地下の更衣室で着替えて、荷物預り所に預けたのですが、これが完全に失敗!!帰りに痛い目にあうのですが、このときはまだ知らず。。。

荷物預り所に荷物を預けて友人と合流してスタート位置へ。

スタート20分前から整列だったのですが、その時点で結構な人数!
それもそのはずで、10kmの部だけで2,800人以上がエントリーしたそうなので、参加人数がどんどん多くなってますね。まだまだマラソン人気は続きそう。

スタート前が一番日が陰って寒かったです。

レース中

久しぶりの10km大会スタート。
最初の1kmはキロ5分ジャストとなかなかの入り。体も苦しくなくて、クロスバイクでウォーミングアップしたのが良かったかな。

5km過ぎの折り返しまでは風もなく、キロ4分55秒前後でペースも乱れることなく順調なラン。最初は少し混雑したけど、折り返しの先頭ランナーが来るまでは車道いっぱい使えるので、割りと余裕を持って走れました。

5kmの折り返しからペースを上げて、キロ4分45秒くらいで走ろうかと考えていたのですが、考えが甘かった!ここから失速です。

まず、強い向かい風!
時折「ゴーッ!」と強い風が吹いてくるので、それで気持ちが少し折れました。そんなときこそペースが落ちないように踏ん張らないといけないのですが、根性が弱いですね、ハイ。。。

あとはやっぱり10km用の練習不足ですね。6km過ぎくらいからふくらはぎが攣り気味になって様子をうかがいながらのランになってしまいました。やっぱり速いペースで走るときの負担って結構大きいんですね。

残り1.5kmの利根川沿いの道は完全に風との戦い。
帽子を飛ばされないようにしながら、先にゴールした友人の応援を受けてゴールです。

結果は49分19秒。
友人は44分30秒くらいだったかな?さすがに速い!

ゴール後

ゴール後は、完走証と荷物の受け取りですが、これがめっちゃ待たされた!
この2つで不満を持った人はかなりいたと思います。

そもそも、参加人数の多い10kmと、フルマラソンの4時間ランナーのゴールが同じくらいになる大会の時間設定がよくありません。

完走証発行のスタッフも一列につき一人。
参加人数の多い大会だと、一列に二人はいて、ひとりがどんどんナンバーを打ち込んで、もうひとりが印刷された完走証とナンバーを確認してという分業になっています。これでどれだけ早くなることか。

ここで大体20分くらい待ちです。

そして最悪だったのが荷物待ち。
これは毎年のことなのですが、ここで40分くらい待ちました。

長い行列を待って、荷物を預り所に行くと理由がわかりました。
ナンバーを受け取ったスタッフが、荷物を探しにいって荷物をランナーに渡すというシステム。これは遅くなります。

荷物預かりがスムーズな大会は、荷物を探す人と渡す人が必ず分業になってます。
探す人は自分の持ち場(例えば1番~500番)の荷物をある程度把握していて、ナンバーを言われてから探す時間も少ないです。

前橋渋川シティマラソンの運営は、もう少し他の優良大会の運営を勉強して欲しいと感じました。当日作業してくれたスタッフさんの問題ではなく、完全にシステムの問題です。

ランナーは、走る前は緊張するし、走った後は疲れで一刻も早く休みたい状態です。
走っている最中の運営も大事ですが、ラン前・ラン後のスムーズな運営も、いい大会になるには絶対に必要なことだと思います。

ちなみに、
僕が荷物を受け取って着替えて出てきたときには、僕が並んだ時の倍の長さになってました。1時間以上は待たされただろうな・・・

大会後の補給

荷物を受け取って着替えて出てきた後は、お楽しみの補給♪
出店が充実しているので、ここはポイント高いです。

まずは無料で振る舞われる豚汁。

IMG_7530

もう少し具が欲しかったですが、次が食べられなくなるのでちょうどいいかも。

タンパク質補給!とばかりに牛串を2本購入。

IMG_7533

他にも登利平のお弁当、ステーキ&ハンバーグのGGCがお店を出すなど、もっといろいろ食べたかったけど、完全にカロリーオーバーになるので自重。おいなりさんと太巻きのセットをお土産に買って終了です。

IMG_7531

IMG_7532

よしもとの群馬住みます芸人「アンカンミンカン」のイベント

IMG_7534

お昼くらいからはすっかり青空になって、暑くなってきました。
風は相変わらず強かったですね。。。

IMG_7536

今年は、例年以上に待ちの多かった印象です。

参加人数が増えてきたことで、従来のシステムでは完全に回らなくなった感じ。
せっかくコースもいいし、イベントや出店も充実しているのに、ラン後の受け渡しで印象が悪くなってしまうのはもったいないです。

来年は改善されていることを期待してます。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - マラソン大会, 前橋渋川シティマラソン