素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

サロマ湖100kmマラソンに向けて弱点を考察

公開日:

sakura

サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けて、今のところ練習は順調です。

とは言っても、ようやく20kmを越す距離が走れるようになったレベル。6月26日の本番までギリギリの調整が続きそうです。※写真は練習コースの風景です。桜が綺麗。

最近は「3日に1度、20km前後をキロ6分半~7分で走る」という練習メニューになっています。仕事の兼ね合いと、そろそろ脚に疲れが溜まってきたことを考慮してです。

今のところ左膝の腸脛靭帯は大丈夫そうですが、右足の足底筋膜に少しだけ「ピリッ」とした痛みがでてきました。どちらも故障しやすい部分だけに、注意して練習しないと!ケガして走れなくなることだけは避けないとですね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

100kmマラソン完走のための練習メニュー

サロマ湖100kmマラソンまで残り3ヶ月弱。
サロマの制限時間は13時間で、四万十川ウルトラマラソンを13時間15分で完走した僕としては「四万十以上に歩かないで走り続けること」が必要です。

四万十川ウルトラマラソンの振り返り

四万十川の3ヶ月前からの練習は

項 目 距 離
月間走行距離 250km前後
平日 14km~17km(キロ6分~7分)
休日 25km~35km(キロ7分)
1回の最長距離 練習:35km
2週間前にフルマラソン:42.195km

詳細:100kmウルトラマラソン完走の練習内容を公開

通常よりも月間走行距離がアップしていたし、今振り返ると割りと充実していた気がするのですが、1点だけ致命的な欠点があります。

それは、1回の最長距離が短すぎたこと。

ウルトラマラソンの練習としてよく言われるのが
・3ヶ月前の月間走行距離:300km
・1回は本番の6,7割の距離を走る

という2点。

月間走行距離は250km前後だったのでそれなりでしたが、1回の最長が35km。本番2週間前にフルマラソンを走りましたが、やっぱり最長距離が不足していたのは否めません。40km過ぎたあたりから脚がいっぱいいっぱいになってましたからねw

サロマ湖100km完走のための練習メニュー

四万十のときの反省を踏まえて、今後の3ヶ月の練習メニューは以下のようにできればと考えています。

項 目 練習メニュー
平日 つなぎ:6km~10km
LSD:2~3時間
休日 LSD:4時間~5時間
1回の最長距離 最低50km
or
30kmを2日連続で走る

あくまで理想なのですが・・・
今回は、本番前にちょうどよさそうなフルマラソンがありません。そのため、何が何でも自力で超長距離練習をしなければならない。

徐々に練習ペースを上げていって、5月の1ヶ月間に練習のピークをもっていきたいです。

でも、
ひとりで超ロング走ってつらくないですか?
「今日は絶対走る!」と思っていても、途中で心が折れるんですよね。。。

誰か超ロング走を一緒に走ってくれる人がいればなぁ・・・
もしくは、最初に自分で30km程度走って、残りを合流して走ると計画すれば、いつもの友人ランメンバーも参加してくれそうです。

サロマ湖100kmまでは課題が山積みですね。。。

体重管理

体重管理の経過

本番までに5キロ減の52キロを目指している体重管理も、継続して記録しています。

サロマ湖ウルトラマラソンに向けた体重管理の部屋

開始5週間でマイナス2キロの55キロ。

取り組んでいる内容は、炭水化物を中心に夕飯の量をちょっと減らしていること。

後半もっと停滞することを考えると、今の時点でマイナス2キロはちょっと重たいかも。今後練習量が増えていったときにどうなるか、ですね。

ケガや疲労も考えると、あまり過度な食事制限はしたくないし、付き合いの外食などもあるし、市民ランナーとはいえ体重管理もいろいろ考えるところがありますね。

まあ、こうやってアレコレ考察することが楽しいわけですが。

補給食

補給食は、今のところ「メダリスト」が第一候補です。
あっさりした甘さと食感が僕には合ってます。

ショッツは甘すぎるし味もイマイチなので、不採用。

ハニースティンガーが、1食「300kcal」と高カロリーで良いとのことを教えていただいたので、これを試してみてどうするか決めようかと考えています。

 

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - トレーニング・練習の考察