素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

サロマ湖100kmウルトラマラソンのシューズはコレ!

公開日:

サロマ湖100kmウルトラマラソンに向けてのランニングシューズが決まりました!

まずは結論から、

はい!コレ!

IMG_7321

ミズノ ウェーブライダー19

ミズノは「ウェーブアミュレット2」以来、約4年ぶりに履くことになります。
ウェーブライダー19にした理由をご紹介しますね。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

候補はウェーブライダー19とGT-2000NewYork4

先日調べた段階で、「ミズノのウェーブライダー19」か「アシックスのGT-2000NewYork4」かどちらかに候補を絞っていました。

参考:100kmウルトラマラソンに向けてのシューズ選び

で、早速、スポーツショップに行って2つのシューズを試走してみました。

2つのシューズのサイズ感

僕の足のサイズ・足型は
実寸:24.0cm
足幅:2E~3E
足タイプ:エジプト型・先広

です。

ランニングシューズを選ぶときは、上記3つのポイントが重要だと考えています。
参考:asicsストアで3D足型計測(3D FOOT SCAN)とGAIT ANALYSYSの結果
参考:あなたの足型タイプは?エジプト型、ギリシャ型、スクエア型?
参考:初フルマラソン完走を目指せ!お勧めのランニングシューズはコレ!

今回、上記スペックの僕の足では、ランニングソックスを履いた状態で
ウェーブライダー19:25.0cm
GT-2000NewYork4:25.5cm

がジャストサイズでした。

ウェーブライダーは25.0cmで先が少し余る程度。25.5cmでも走れなくはなさそうでしたが、つま先が余りすぎて蹴り出したときに「力が抜ける」ような感覚だったので、25.0cmがジャスト。

GT-2000NewYork4は、25.0cmだと少しキツ目で指先(小指・薬指)が当たる感じ。余裕を持って履くには25.5cmがよかったです。

GT-2000 NewYork 4の感想

gt2000_4

・肉厚、重厚感がある
・クッション性、安定感は抜群
・重さが気になる
・なんとなく違和感があった

最近、10km~ハーフを中心に「薄くて軽いシューズ」を履いていたため、さすがにシューズ自体がガッシリしていて重厚感を感じましたね。アッパー(上側)も肉厚って感じです。

試走してみて、着地した時のクッション性とブレないサポート力はさすがです。
GTシリーズは安定感が売りだと思うのですが、今回はクッション性の良さを一番感じました。これならかなり衝撃を吸収して足首や膝への負担を和らいでくれそうです。

ただ、やっぱり重さが気になりました。
片足300g(27.0cmの場合)。最近軽めのシューズを履いている影響もありますが、足がとられるような重さでした。

あとは、「なんとなくの違和感」がありました。
これはもう個人の感覚でしかないのですが、「スムーズに足が動かず、自分から足を動かさなければいけない感覚」というべきでしょうか?うまい表現が見つからないのですが、なんとなく馴染まない違和感があったんですよね。

ウェーブライダー19(WAVE RIDER)の感想

waverider19_01

・意外と軽い
・カチッとした安定感、走行性
・違和感のないスムーズな足の運び
・100km走ったときにどうなるのか?

GT-2000から比べるとウェーブライダー19はかなり軽く感じます。どちらかというと、今履いているadizero Japanシリーズのような軽さ。片足270g(27.0cmの場合)ありますが、30g軽いと印象が全然違いますね。

試走してみて、着地した時のカチッとした感覚が心地いい。
「クッション性で守られている」という感覚はGT-2000の方があるのですが、着地から蹴り出すまでの感覚がスムーズで本当に心地いい。走っていて楽しさが感じられるシューズです。

足さばきも、スムーズに足が自然と動く感じ。違和感なくスッスッと足が前に運ばれます。

2つを比べてトータルバランスはウェーブライダー19が圧勝。
全てが自然で軽さも申し分なし。

ただ、
「これで100km走ったときにどうなるのか?」
というのが気になりました。

四万十川ウルトラマラソンのときも、GT-2170の重さは感じていましたが、重さからくる安定感とクッション性が、足りない走力を補ってくれたのは事実です。

40km、50kmならいいですが、それ以上の距離となったときに果たして脚に与える負担、体力の消耗具合にどの程度影響するのか?・・・迷いましたね。。。

最後は自分の感覚を重視!

最後は自分の感覚を信じて「ウェーブライダー19」にしました。

IMG_7322

僕もラン歴が今年で6年になって、その間ランニングシューズもいろいろ履いてきましたが、初めて履いたときのフィーリングって結構重要で、しかも正確だったりします。

もちろん履いているうちに馴染んで、結果いいシューズだったという経験もあるのですが、最初「?」って感じたものは実際に走ってみても「?」が続きます。

逆に、最初に「これはいい感覚、心地いい」って感じたシューズは、最後までお気に入りのシューズになっています。

今回も自分の感覚を信じて、ウェーブライダー19にしました。

IMG_7324

何と言っても、このカラーが超気に入った。
ブルーホワイトのカラーも良かったし、GT-2000のカラーも良かったですが、ウェーブライダー19のスカイブルー×フラッシュイエローが一番気に入ったので良かった。

IMG_7325衝撃吸収性の高いソール

IMG_7323ソール全体、カチッとした硬さが吉とでるか凶とでるか

まずは買ったからにはガンガン走ってしっかり履きこなしたいと思います。

本番まで4ヶ月あるので、もしどうしても合わなければシューズチェンジの時間はあります。と言っても、ファーストインプレッションは最高だったので、このまま本番もウェーブライダー19で臨みそうですけどね。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニングシューズ