素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

第31回サロマ湖100kmウルトラマラソンにエントリーしました!

最終更新日: 公開日:

サロマ湖と言えば何を想像しますか?

マラソンに馴染みのない人なら「北海道にある湖だね~、どこにあるのかなぁ?ここかな!」と言って、摩周湖、阿寒湖あたりを指すのでしょうね。

saroma_01

だが、しかし!
マラソンに精通している人、特にウルトラマラソンを目指すランナーにとっては特別な存在です。

「いつかはサロマ」

そう、ウルトラランナーなら誰でも憧れる場所、ウルトラマラソンの聖地。
それがサロマ湖です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

サロマ湖マラソン初挑戦!!

すいません、前置きが長くなりましたが・・・

2016年6月26日(日)に開催される第31回サロマ湖100kmウルトラマラソンにエントリーしました!

参考:第31回サロマ湖100kmウルトラマラソン兼IAU 100km世界選手権2016 日本代表選考会【公式】(外部リンク)

サロマ湖ウルトラマラソンのエントリー開始は1月27日午後8時。
1月27日の午後8時にパソコンの前にスタンバイ。
全然繋がらないランネット。予想通りのエントリー合戦、激戦です。
待ち画面にやきもきしながら、何とかエントリーを果たしました。サロマ湖ウルトラマラソンの準備のスタートラインには立てた状態です。

サロマ湖ウルトラマラソンは抽選ではないので、エントリースタートからすぐに埋まってしまいます。実際、僕の知り合いのランナーは、僕と同じく午後8時ちょうどにランネットにつないだのに、エントリーできずに終わってしまいました。それほど激アツな大会です。

なぜサロマ湖ウルトラマラソンにエントリーしたのか?

サロマ湖ウルトラマラソンにエントリーした理由は2つあります。

北海道のラン友のお誘い

昨年の秋頃、北海道に住んでいるラン友と「来年はサロマに挑戦したいね」と話していました。

その友人は、今まさにランにハマっている状態で、3月に開催される「NAGOURAマラソン」にも参加予定です。

北海道に住んでいる人がいるのなら、移動や宿も手配してくれるし、何より一人じゃなくて心強い!

もちろん走ってる最中は一人になるのですが、前後の移動とか準備に知り合いがいると参加しやすくなりますよね。特に北海道、さらに北海道でも外れのサロマ湖なら尚更です。

緩みきった自分に喝をいれるために!

一昨年に体調を崩してから、どうもランに対してのモチベーションが下がっています。

・体調が悪い
・仕事が忙しい

体調との折合いをつけながらなので仕方ない部分はあるのですが、全盛期のような走り込みはできてないし、何かと理由をつけてサボってる気がしています。

仕事も趣味も、ひとつのことを継続することって意外と根気が必要です。

もちろん「常に楽しい!最高!」っていう人も中にはいますが、誰でも興味のモチベーションの上がり下がりがあると思っています。

無理に続ける必要がないというのもひとつの意見です。

ただ、モチベーションが下がったときこそ継続して、それを乗り越えたときに更なる楽しさがあることを僕は知っています。

初心者ランナーのために書いた以前の記事のように、ランニングを始めたばかりは、それほど走ることが楽しくありませんでした。

参考:ランニングが続かない!初心者が辞めてしまう理由と対策

それが、工夫をして続けているうちに、だんだんと距離が走れるようになり、速く走れるようになり、どんどん走る魅力にハマっていく。

そんな感覚をもう一度取り戻したい!走る楽しさを味わいたい!と思って、今回、サロマ湖ウルトラマラソンの挑戦を決意しました。

四万十川ウルトラマラソン挑戦から早4年・・・
全盛期のような脚力も体力もありません。
ほぼ完全な一からの挑戦になりますが、出るからには絶対完走したい!という思いです。

参考:四万十川ウルトラマラソン完走!全工程の体験談をご紹介

今の心境はちょっと複雑ですが、半年後の大会で充実感を味わえるように、ランの楽しさをもう一度味わえることができるように、頑張ってみようと思います!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ウルトラマラソン, サロマ湖ウルトラマラソン