素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

世界陸上男子マラソンの日本人ランナーの結果に対して思うこと

公開日:

2015_sekai

中国北京で開催されている「世界陸上2015北京」

大会初日の8月22日(土)に男子マラソンが行われて、エリトリアのG.ゲブレスラシエ選手が2:12:28で真夏の大会を制しました。世界陸上という国際大会での優勝タイムが2時間10分オーバーということからも、過酷な大会だったことが伺えます。

日本人選手の結果はというと

21位 藤原 正和 選手 2:21:06
40位 前田 和浩 選手 2:32:49

と入賞を逃しています。両選手とも中盤からはツラそうでしたね。

今回はこの結果と周りの反応に対して、少し思うところがあったので久しぶりに真面目に書いてみます。いつも真面目ですが( ー`дー´)キリッ

スポンサード リンク

スポンサード リンク

課題や反省はもう少し後でもいいんじゃない?

久しぶりの入賞を逃した結果とあって、周りの反応はかなり辛辣なものでした。

選手にお疲れ様を言うわけではなく、選手の不甲斐なさやマラソン界の体質やレベルを批判する記事まで。

確かに結果だけを見れば物足りない結果だし、レース内容を見ても世界との差はかなり開きがあるように見えました。

国を代表して出場しているのだから、暑い寒いは関係ないですからね。

ただ、ランナーをやっていればわかると思いますが、暑さの中のフルマラソンってとてつもなく過酷な戦いです。ランナーでさえ走ってないときは忘れがちになりますが、猛暑の中のマラソンは体力も神経も相当消費します。

そんな過酷な条件の中、国を代表しているという重圧を背負い、本人たちが一番悔しい思いをしながら走っているのを考えると、まずは「お疲れ様」とひと言かけてやりたいです。

もちろん陸連関係者やマスコミがそういうことを言えない立場というのはわかるのですが、一般の人たちも口を揃えて「不甲斐ない!」を連呼しているのはかなり違和感を覚えました。

反省や課題の洗い出しは落ち着いてからでもできるでしょう。

世界レベルで戦うには業界全体の底上げが必要

では、反省や課題を洗い出したときに、マラソン界に何が一番足りないのか?というのを考えると、僕は

業界全体の底上げ、特に若年層の底上げ

が急務と考えています。

ざっくり言えば「競技人口が多ければ多いほど、業界のレベルも上がるし強い人もでてくる」ということです。

マラソンに限らずどのスポーツもそうですが、基本的に競技人口の多い国や県が強いし、多くの優秀な選手を排出しています。確率の問題で、関わる人数が多ければ多いほど才能のある選手が出てくる確率も大きいだろうと。

もちろんそれだけではなく、競技の文化や歴史、指導方法など才能を引き出すバックボーンの整備も必要ですが、一番は業界全体の底上げです。

マラソンの競技人口は増えているけど・・・

市民マラソン、市民ランナーの数はここ数年で急増しています。

マラソン大会の参加人数は年々増えているし、人気大会のエントリーも難しくなっています。

ランニンググッズの種類も増えたし、販売するスポーツショップのコーナーも広くなっていたりと、至るところでマラソンの伸びを感じます。

でも、市民マラソンの盛り上がりとは裏腹に、トップランナーのレベルは世界とどんどん引き離されています。

なぜか?

僕は、よく言われる「日本が駅伝文化だから」というのは関係ないと思っています。

若年層に伝わるタイムラグ

まずは単純にタイムラグ期間ということ。

業界が盛り上がっても、すぐにレベルが高まるわけではありません。

業界の盛り上がりとともに、若年層の競技人口と競技レベルが上がっていき、その若年層が成人して結果として現れるには10年はかかるからです。

日本のサッカーも一緒です。

Jリーグ創設の2,3年前、1990年に入ってから盛り上がりを見せましたが、中田英寿さんなど黄金世代と言われた人たちが世界で活躍し始めたのは2000年前後です。

市民マラソンの盛り上がりが下の世代に波及しているとしても、その結果が出るまでには時間がかかるということです。

そもそも若年層に波及してない

僕は一番の原因はこれだと思っています。

そもそも市民マラソンの盛り上がりが若年層に波及してません。

マラソン大会にも子供の部があって参加人数も増えています。一見すると若年層のマラソン人口も増えているように見えます。

でも、マラソン自体のステータスが上がっているのでしょうか?

例えば、子供がスポーツをするとき何を選ぶでしょうか?

野球?サッカー?バスケ?

子供同士が外で体を動かして遊ぶ時、あえてマラソン(持久走)をやるでしょうか?

若年層にとって、マラソン(持久走)はまだまだ「他のスポーツの基礎的なもの」であり「楽しんであえてやるもの」ではありません。

僕たち市民ランナーがマラソンを楽しいと思うのはなぜでしょうか?

・朝走ると気持ちいい、気分転換になる
・走るごとにタイムが良くなるのが楽しい
・体重が減って健康的になるのが嬉しい
・マラソンを通じた人の交流が楽しい
・マラソン後の一杯が美味い

といったところでしょうか。どれも楽しいから続くし、楽しいから広まっているのだと思います。※もちろん辛い部分もありますけどね

でも、こういった大人が楽しんでやる部分が、子供にあまり伝わってない印象です。

・スポーツ全般の基礎的なもの
・持久力、スタミナをつけるためにやらなければならないこと
・辛い、苦しい

例えば、学校の体育の授業でも、ただ校庭をグルグル走らせるのではなく、ペースを気にせずゆっくり景色を楽しみながら、友だちと会話を楽しみながら走る。

そういった「楽しむ」部分をもっと伝えるべきなんじゃないかな、と思います。

もちろん陸連関係やマラソンに携わるアスリートや有名人も、何とか楽しみを伝えようとイベントを主催したりしてますが、広がりはイマイチです。

とするならば、多くなった大人の市民ランナーに対し、その下の世代にアプローチするような仕掛けをもっと作っていくべきでしょうね。

じゃあ、その仕掛けは何か?と言われるとパッと思いつかないのも、若年層に波及しない理由のひとつなのかもしれません。

ただ、こう言ってしまうと元も子もないのですが、マラソンって「大人向け」のスポーツなんですよね。

走っていて景色を楽しんだり、朝の空気を楽しんだり、友人・知人との交流を楽しんだり、走った後のオフ会や一杯を楽しんだりと。

また、野球やサッカーと違って、1回やっただけで「楽しい!面白い!」と思えるスポーツでもないし。僕もそうでしたけど、ある程度走ってだんだん走れるようになって、初めて楽しくなってくるというか。しかもその楽しさって「楽しい!面白い!」というよりも、達成感の楽しさの方が強かった気がします。

こういった「達成感の楽しさ」を伝えるって、なかなか難しいですよねぇ・・・

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - その他