素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

adizero takumi ren boostを試してきました

最終更新日: 公開日:

先日、「4月のフルマラソンに向けてランニングシューズを検討してるよ」という記事を書いたところ「タクミ錬 boostはどう?」というコメントを頂きました。

adizeroのtakumiシリーズといえば、名匠三村仁司氏の「匠の技」をつぎ込んだランニングシューズで、発売以来大人気のランニングシューズです。

その匠の技に驚異の反発力を誇るboostを組み合わせた「adizero takumi boost」は1月26日に販売された新作です。

ナイキのルナスピードアクセルとズームスピードライバルが個人的にはシックリこなかったので、早速takumi ren boostも試しに履いてきました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

adizero takumi ren boostの履き心地

IMG_6606

takumi ren boostを履いた瞬間は「あー、これこれ。さすがadizero」

adizero全般のシューズに言えることですが、かかとのシッカリしたホールド感とアッパー付近(足の甲側)の自然なフィット感は秀逸。僕には本当にadizeroが合っているな、と履いた瞬間わかるほどです。

個人的な好みだとは思うのですが、履いた時の履き心地・フィット感・ホールド感は、adizeroシリーズが一番いいですね。

他のメーカーもフィット感はあるのですが「シューレース(靴紐)で締め付けてフィット感・ホールド感を出している」印象があり、なんというか自然じゃないんですよね。

adizeroシリーズは、シューレースで締め付けるわけではないのに、かかと付近はシッカリ固定されて、且つアッパー付近は自然な柔らかいフィット感。決して緩いわけではなく、でも程よい履き心地。僕の足型に合っているのかもしれませんね。

takumi ren boostもその履き心地は健在で、履いた瞬間購入したくなりました(笑)

adizero takumi ren boostで少し走ってみて

馴染みのスポーツショップなので、いつものとおり店内を軽く走らせてもらいました。

IMG_6610

試走した感想は「いやー、走りやすい完璧なシューズ」と「でも、これ完全にサブ3.5以上のレベルのシューズだなー」という印象です。

adizero japan boostのような「フワフワとした感触」は無いですね。

同じboostでも走った感覚はadizero japan boostよりも、takumi renをそのまま継承した感じ。カチッとした着地と、その着地から生まれる反発力を感じて走ることができるので、楽にスピードに乗って走ることができそうです。

でも、takumi ren boostは明らかにサブ3.5以上のシューズだよなー。

硬い着地、着地から生まれる反発力と推進力があるということは、脚にも負担があるということ。つまり、鍛えた脚がないとフルマラソンのような長距離では後半脚がもたなそうです。。。ハーフマラソンくらいまでがぎりぎり、僕の今の走力ではちょっと荷が重いシューズかなぁ・・・

サブ3.5を目指すランナーには間違いなく最適なシューズだと思います。
takumi senほど薄くなく、程よいクッション性を保ちながらスピードを高めた攻めの走りもできるランニングシューズといった印象です。

う~ん、でも欲しいなー、これで本格的に走ってみたいなー

【追記】その後、adizero takumi ren boostを購入しました!
参考:adizero takumi ren boostで秋の短距離大会を攻める!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニングシューズ