素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

マラソンの時の勝負パンツ(下着)はありますか?

最終更新日: 公開日:

あなたの勝負パンツはありますか?

いきなり何を言い出したか?と思うかもしれませんが、今日はパンツの話です。

パンツと言っても、ランパン、ハーフパンツ、クォータパンツといったものではありません。

下着のパンツです。
カッコイイ言い方をすればインナーと言うべきでしょうか。

男性限定の話になってしまうかもしれませんが、「パンツ」について、結構迷ったり悩んでいるランナーの方って多いのではないでしょうか?

特に、フルマラソンやウルトラマラソンなど、ここ一番のマラソン大会で履くパンツ、いわゆる「勝負パンツ」をどれにするか悩んだりしませんか?

僕は今でこそ、マラソンの時の勝負パンツは決まっていますが、以前はアレコレ試して結構悩みました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

パンツの種類

男性用のパンツは主に「ブリーフ」「トランクス」「ボクサーパンツ」の3種類があります。

まず、ランナーで走るときに、トランクスで走る方はあまりいないと思います。

理由は簡単です。走ってみればわかります(笑)
男性特有の問題が発生するでしょう。

ブリーフについては、僕は小学生卒業と同時にトランクスに移行して以来、ブリーフを履いたことがないので、ランニングのときのブリーフがどのようなものかわかりません。

何となく股が擦れるイメージがあるのですが、どうでしょうか・・・?

ですので僕の場合、ボクサーパンツ一択です。
普段履くパンツも、走るときに履くパンツもボクサーパンツです。

どのメーカーのボクサーパンツか?

一番始めに履いていたボクサーパンツは「adidasのスポーツ用パンツ」です。

IMG_4643

これ。今でもタンスの中にありました。

履き心地、締めつけ感も良く、通気性も良かったのですが、腰のゴムの部分がキツめで、ハーフマラソン以上の長時間履いていると、腰が痛くなってくるのでやめました。

次に履いていたボクサーパンツは「CW-Xのスポーツ用パンツ」です。

現物はすでにありませんでした・・・

CW-X(ワコール)はさすが下着メーカーだけあって、作りがシッカリしていて、締めつけ感、腰のゴム具合もちょうどいい感じでした。

通気性も良く、CW-Xのパンツ単体で履いている時には申し分なかったのですが、サポート機能をもつスポーツタイツ(サポートタイツ)との相性があまり良くなかったので、履くのをやめてしまいました。

サポートタイツを履くときに「パンツを履くか履かないか」という論争もありますが、僕は「パンツを履く派」なので、サポートタイツとの相性も重要です。

あれから数年経ち、パンツもサポートタイツも新作がどんどん出てきていますから、もう一度、CW-Xのパンツとサポートタイツの組み合わせで試してみたいです。

今現在履いているパンツは「ユニクロのエアリズム(AIRism)ボクサーパンツ」です。

IMG_4645

エアリズムの前は「シルキードライ」という商品名のパンツでしたが、エアリズムになっても履き心地、質感は変わっていません。

このエアリズムパンツ、1つ980円とユニクロにしては少しお高めなのですが、機能性は1つ2000円、3000円するスポーツパンツと遜色ありません。

締め付け過ぎない感じが僕好みで、サラリとして履き心地もいいです。
生地自体が薄手で、サポートタイツとの相性もいいので、マラソン大会の勝負パンツとして重宝しています。

というか、普段もエアリズムパンツを履いているので、勝負パンツも何もないのですが、大会のときは、以下の真っ赤なエアリズムパンツを履いています(笑)

IMG_4646

長時間動く部分の下着ですから、できるだけストレスのないパンツを選びたいですよね。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニンググッズ