1. ホーム
  2. ランニングシューズ
  3. ≫フワフワする「adizero Japan Boost」半年履いた印象は?

フワフワする「adizero Japan Boost」半年履いた印象は?

10月19日(日)に開催される「第3回酒田シティハーフマラソン」までそれほど時間がないので、体調と相談しながら積極的にリハビリランに取り組んでいます。

疲れ具合を気にしながら、のんびりジョグしたり、少し速めのランをしたり。

入院生活を経て、体重が4kgも減りました。
これだけ体重が落ちると、さすがに体の軽さを感じます。

が、ほとんど筋肉量が落ちたのでしょう。
今まで体脂肪が10%前後だったのが、今は13%付近です。
走ってもすぐに疲労が溜まるし、何よりペースが上がりません。
走れば走るほど、走力、持久力ともに落ちていることを実感し、ちょっとヘコみます。

ただ、やっぱり走ることは楽しいですね。
気分転換になるし、走った後の心地良い充実感はランニングならではです。

早朝ランじゃないので、まだまだ暑くてバテますけどね。。。


adizero Japan Boostを積極的に履く

練習では、adizero Japan Boostを積極的に履いています。

2ヵ月前に購入して以来、体調を崩してなかなか履けなかったし、ファーストインプレッションが悪くても、履いていれば馴染んできて気に入るかもしれません。adizero Age2がそうでした。

で、積極的に履いて、ジョグしたり、ペースを上げて走ったりしているのですが、やっぱりフワフワした感触がイマイチです。。。

特に、スピードを上げて走った時の安定感が悪く、着地の瞬間のグニュっとしたフワフワ感が頼りなく感じてしまいます。

確かに前に走る推進力はシューズの力によって得られる感じがします。
楽に前に進めるので、自分の脚に負担をかけることなく前に進めるのかもしれません。

ですが、どうもシューズへの頼り無さの方が勝ってしまいます。

このシューズに、42.195kmのフルマラソンで脚を預けて大丈夫なのかな?という印象です。

今現在履いている「adizero Japan2」が頼りになるだけに、比較して目立ってしまうだけかもしれません。

まだロング走ができるレベルまで回復していないので、最終的な評価はある程度スピードを出して走れる、20kmくらいのロングペース走を試してからにしたいと思います。

酒田シティハーフマラソンまで残り3週間。
無理はしたくないけど、走るからには完走したい。
なかなか、もどかしいですね。。。

adizero Japan boostを半年以上履き続けてみた感想

その後、adizero Japan boostを半年以上履き続けていますが、かなりいいです!adizero Japan Boost

言ってることが違うじゃん!と突っ込みを受けそうですが、ファーストインプレッションと履き心地が変わるのはいつものことです。。。(^_^;)

確かに独特のクッション性があるので、adizero Japan Boostでキロ5分を切るようなペースで走った場合は若干不安が残ります。

ですが、キロ5分半~キロ6分半で走った時の安定感は抜群です。

フワッとしたクッション性と反発力がサブ4ペースだと心地よく、疲れにくいランニングシューズだと思います。

サブ4狙いたいけど今回は走りこんでないからちょっと不安、というランナーには最適な一足ではないでしょうか。

ちなみに、今現在、adizero Japan boostが私のメイン練習シューズとなっています。最初の印象が慣れなくても、何回か履いて長い距離を走るうちに馴染んでくるし、慣れてくると走りやすいランニングシューズですよ。

よろしければシェアをお願いします。

コメントお気軽にどうぞ!(※承認後に公開となるので投稿後しばらくお待ちください)

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. ブーストを手放した一番のわけは、走っていていまいち楽しくなかったっていうのが理由だった気がします。アフリカのトップ選手も履いているそうなのでフォアフットにあわないわけではないのでしょうけれど。