素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

トレイルランの重心移動ってどうしてるの?

最終更新日: 公開日:

私は趣味でトレイル(ランではなく、完全な登山)をするのですが、山道やがれ場を歩く時の重心移動は、平地のそれとは全く異なります。

山道という上り坂、下り坂を歩くわけですし、足場のわるい道やガレ場を歩くので、できるだけ足元をとられない歩き方をするのが基本です。

そのため、ジャンプの連続である「走り」を山道やガレ場でするときは、どのような走り方をしているのか非常に気になっているのです。

平地での重心移動

平地で歩くときは、基本的に前足の移動と同時に体の重心も前に移動します。
歩きの場合は前足、後ろ足両方に体重が乗りますが、完全に後ろに体重が残ったまま前足で着地することなんてないはずです。

ランニングとなるとより顕著になって、重心移動は前足と同時、前足で着地するときに重心も完全に前足に乗るかたちになります。

トレイル(登山)の場合の重心移動

では、トレイル(登山)の場合はどうするか?

トレイルの場合は後ろ足体重で移動が基本です。

最近の登山者を見ると、できていない人の方が多いのですが、登山の基本は後ろ足に体重を残したまま前足で着地です。そして着地した前足の足元がグラつかないこと、滑らないことを確認して初めて前足に体重を乗せて重心移動します。

普通に歩いても大丈夫なときは大丈夫ですし、多少足元をとられて滑ってもそれほど大きな事故にはなりません。

ですが、疲れがでたときに足元をとられ転んで大けがをする、滑落する、といった事故もあるので、登山者には、ぜひトレイルで歩くときの歩き方を学んでから登山して欲しいですね。自己防衛でありますから。

トレイルランの場合の重心移動はどうしてるの?

で、私が個人的に気になっているのが、トレイルランのときの重心移動。

トレイルランというくらいだから、基本は「走り」ですよね?
走る時ってどうしても重心移動が先になると思うんです。後ろ足体重のまま前足を着地するなんてできませんよね?

走っている時なんて、歩き以上に着地の瞬間に力が加わるから、足元が悪かったりガレ場だったりしたら、足元をとられることも多いのではないのかな?と思うわけです。

ぶっちゃけ危なくないのかな?と。

トレイルランの走り方、などを調べてみても、フォアフット走法で走るような解説があるのですが、登山の基本とは真逆なんですよね。

自分で走ってみればわかるかもしれませんが、登山歴が長い私からすると、通常通りの体重移動(重心移動)と着地の仕方で山道やガレ場を走ることって、ちょっと考えられないので、その辺りトレイルランナーはどうしているのかな?と興味津々なわけです。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - トレーニング・練習の考察