素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

adizero Japan Boost 走ってみた感想は?

最終更新日: 公開日:

IMG_4365

先日購入した「adizero Japan Boost」で、ジョグ、ビルドアップ、ロング走、LSDなど色々なペースと距離で走ってみました。
参考:adizero Japan Boost購入!すごい反発力!

  • ジョグ:キロ6分で10km
  • ビルドアップ:キロ6分半~4分半まで10km
  • ロング走:キロ5分半~6分くらいで30km
  • LSD:キロ7分くらいで3時間

adizero Japan Boostといえば、発泡スチロールのようなフワフワ素材のソールが最大の特徴です。走ったときの感触、スピード、耐久性など感想をまとめてみます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

adizero Japan Boostの最初の印象

IMG_4364

adizero Japan Boostのファーストインプレッションは「グニュグニュ」するといった印象です。

いや、フワフワというかフカフカというか、とにかく一言でいうと、着地のときの感触が柔らくて気持ち悪い。あまりいい印象ではありませんでした。

普段使用しているランニングシューズがミズノウェーブライダーやアシックスターサージールなど、比較的ソールが「カチッ」とした印象のシューズだからかもしれませんが、履き始めは「ものすごく頼りないランニングシューズ」といった印象でした。

これは、ランナーを選ぶシューズでしょうね。

特に、サブスリーランナーや薄いソールが好きなエントリーランナーには受け入れられないランニングシューズじゃないでしょうか。感触が違いすぎて。

ただ言い方を変えれば、普通のランニングシューズとは感触が全く違うから「最初からシューズの違いがわかるし楽しめる」ということは言えると思います。

adizero Japan Boostのレビュー

最初に全体としての感想を言うと、ジャパンブーストは慣れるとかなり心地よいシューズです。

ブースト素材のクッション性が走るときの安定感・安心感につながるし、シューズ自体が軽いのでスピードを出したときも重さが気になりません。地面からの反発を感じて走るシューズではなく、柔らかくかつスピードを出すことができるシューズです。

履き始めと、履き慣れたときの印象がガラッと変わるシューズだと思います。

では、それぞれのペース、距離でのJapan Boostの印象をまとめます。

ジョグ:キロ6分で10km

adizero Japan Boostの適正レベルはキロ5分半~4分半。

キロ6分だと若干遅めのスピードですが、このくらいのペースでも心地よく走ることができます。

ブースト素材のフワフワ感が低速で走ったときの安定感につながります。ジョグにも使えるサブフォー向けシューズですね。

ビルドアップ:キロ6分半~4分半で10km

ブーストの売りである「推進力」が実感できるのがビルドアップ走でした。

特に、5分半~4分50秒/kmくらいのスピードのときに、推進力を一番実感できる印象でした。

それほど蹴り出さなくても、自然に大きく一歩一歩進む感じです。幅が狭いピッチ走法よりも、幅の広いストライド走法の方がシューズの性能をより引き出せると思います。

着地の感覚は少し気持ち悪いですが、その分クッション性はあるので脚への疲労の負担は軽減されるのかもしれません。サブ4向けのランニングシューズであることから、クッション性による疲労の負担も軽減させているのだとは思います。

ただ、地面からの反発を感じて走りたいランナーにとっては少し物足りないと思います。まあソールの薄いシューズで、反発力をダイレクトに感じてフルマラソンを走りきれるランナーはジャパンブーストは選ばないと思いますが・・・(^_^;)

ロング走:キロ5分半で30km

キロ5分半で30kmがまさにジャパンブーストの能力がフルに引き出せるシーンです。

最初はゆっくりペースで入り、体が暖まる頃にペースを上げると自然とペースが上がります。頑張らなくてもキロ5分半のペースが維持できる感じで、シューズのサポート力を感じます。さすがサブフォー向けのシューズだけのことはあります。

LSD:キロ7分くらいで3時間

キロ7分ペースでもブーストのクッションがしっかり対応してくれます。走りに違和感が出ることもないし、ゆっくりペースも対応するオールマイティなシューズ。

・・・といいたいのですが、ひとつだけ気になることが。
それは耐久性です。

3時間LSDの最後の方で、シューズがダレたんですよね。違う言い方をするとクッション性が弱く感じられました。

まあ、これは僕の脚力の持久性がないことも関係あると思いますが(汗)

でも長時間の耐久性はちょっと不安を感じました。フルマラソンまでは大丈夫だと思いますが、このシューズで50km以上のウルトラマラソンを考えると「どうかなぁ?」といった印象です。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

adizero Japan2との比較

IMG_4367

adizero Japan2と比較すると「自由度が高まった」という印象です。

adizero Japan2がどちらかというとカチッとしたレース向けという印象だったのに対し、こちらはかなりフリーライド感が強まった感じ。

前述のクッション性も柔らかめですし、アッパーの締め付け感もJapan2よりもBoostの方が自由な感じです。

そして何より、シューズの前部分・拇指球あたりから指先までの部分が広めです。

adizero Japan2と比較するとハッキリわかると思いますが、同サイズのシューズを購入しても、指先周りの広さ、自由度がかなりあります。ソールやアッパーの厚さは全然違いますが、ミニマスMT10に近いフリー度がありますね。

僕は、シューレース付近のアッパーがしっかり締め付けられていて、つま先付近はわりと広い(緩い)シューズが好きなので、履いた感触は僕好みのシューズです。

adizero Japan Boostの総評

adizero Japan Boostは「良くも悪くもサブフォーを狙うシューズだった」という総評。

僕の評価としては、サブフォー狙いならかなりいいシューズですが、感触が独特なだけに好みが分かれるシューズでもあると思います。

まだサブ4を達成していないランナーが、これからサブ4を狙うため、またサブ4目標で大会に臨むには、最適なランニングシューズの一つでしょう。

ただ、すでにサブ4を達成していてこれからサブ3.5を目指すランナーや、サブ3.5以上のエントリーランナーには受けは良くないような気がします。

特にエントリーランナーの場合、底が薄いランニングシューズで、自分で荷重と感触をコントロールしながら走ることを好む傾向にあるので、それとは真逆のシューズであることは間違いないです。

ですので、初めてのサブフォー達成のために「サブフォー向けのシューズ」を探しているランナーは、ぜひ候補のひとつに上げてみてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク
サブフォー(サブ4)を目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック「アミノサウルス」フルマラソンでは必ず携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果(レビュー)はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ランニングシューズ, adizero(アディゼロ)