素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

過酷・・・嬬恋高原キャベツマラソン

最終更新日: 公開日:

2014年7月6日(日)に開催された「第7回 嬬恋高原キャベツマラソン」に出場してきました。

今回は、私自身の練習不足もあり、一緒に出場する初心者ランナーの友人のサポート役として、終始楽しみながらファンランでいこうと思っていました。

・・・が

嬬恋高原キャベツマラソン、超過酷・・・

上り下りがちょこちょこ~っとあって、最後の坂が少しキツイくらいでしょ?
四万十川ウルトラマラソンの高低差600mの上り下りを制したウルトラランナーよ?私は。

くらいに、かなり舐めてかかっていましたが、見事に撃沈しました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

やっぱりキャベツ推しのレース前

嬬恋高原といえば、マラソン大会の冠名にもなっている「キャベツ」

嬬恋の町に入った瞬間、一面キャベツ畑で、遠くの景色の向こう側までキャベツ畑です。

IMG_4183

大会会場はバラギ高原の東海大学嬬恋高原研修センターの多目的グラウンド 自家用車で来る場合は、パルコール嬬恋スキーリゾートの駐車場に停めて、ゲレンデを下って大会会場入りします。

IMG_4150ゲレンデ内を下る
マラソン後はこのゲレンデを上るのが一苦労・・・

朝方は高原らしくモヤっとしていましたが、天気予報どおり程なく晴れてきました。

IMG_4155

IMG_4162

この時は、まだこの「晴れ」が自分を苦しめるものとは微塵も思わず、「わーい晴れたー\(^o^)/」っとテンション高め。

参加賞の「キャベツ一玉」を受け取った隣で、無料キャベツが振る舞われています。

IMG_4151

いやー、走る前に繊維質の食べ物はあまり良くないよ?

IMG_4152

もちろんいただきましたけどね。2皿も。

会場は広々としててそれほど混雑している様子もありませんでした。

駐車場のトイレは少なかったですが、会場のトイレ数は十分確保されていて、スタッフの方がトイレの使用状況を見て、空きトイレに誘導してくれるので、トイレ待ちもそれほどなくスムーズでした。

こういったちょっとした心遣いが参加するランナーにはありがたいですね。

超田舎で辺境の村なのに、会場設備や屋台もものすごく充実していました。マラソン終わったら何食べようかなー?なんて考えたりして。

過酷な暑さと上り下りの繰り返し

10時10分ハーフマラソンスタート。

スタート直後はしばらく下り坂になります。
友人に「下り坂はスピードでるから飛ばしすぎて息切れしないようにね」などと余裕をかまし、「ちょっとペースが速いかな」なんてペーサー気取りです。滑稽です。

スタートして3kmほど進むとバラギ湖周辺のキャンプ場付近です。

IMG_4176

IMG_4175

ここが本当に景色がきれいで雄大で、天気の良さも重なって「なんて素晴らしい大会なんだ!もう来年から毎年参加だ!」なんて思ったりしていました。

このときまでは。。。

しばらく友人と走りますが、上り坂で友人のペースがガクッと落ちます。
「上り坂こそリズムだよ」とアドバイスを入れます。滑稽です。

IMG_4172

IMG_4180

和太鼓の応援が入ったり、遠くまで広がるキャベツ畑を目にしながらのランは本当に心地いいです!

8kmを過ぎ、この辺りから嬬恋高原キャベツマラソンの怖さがだんだんと牙を剥き始めます。

まず、以下の写真で遠くに坂道が見えますか?
これ、結構急勾配なのです。この急勾配が上り下りと繰り返し繰り返し「これでもか」と続くんです。

IMG_4184

IMG_4181

この「上り下りの繰り返し」が何しろ足腰に疲労を蓄積させます。

四万十川ウルトラマラソンのときも、10kmで600mを駆け登る坂道だったので、それなりに急勾配だったのですが、10kmは上り坂のみ、次の10kmは下り坂のみ、とハッキリ分かれていました。

今回はこの上り下りが約20kmずーーーっと続きます。これほど心と体を削れられるとは思いませんでした。

ですが、まだこの辺は初心者ランナーの友人と一緒で、7分半/kmくらいのペースだったので余裕がありました。

地獄は初心者ランナーの友人と別れた後半。

5分半~5分/kmにペースアップして走り始めたのですが、ほどなくバテ始めます。
確かに私は上り坂が苦手なのですが、いくらなんでもこんなに早く簡単にバテるはずがない、と思って腕を見た時、原因が判明しました。

腕が日焼けで真っ赤です。日差しによって体力を奪われていたのですね。

湿度はそれほどなかったのですが、何しろ日差しがキツい。坂道もそうですが、この日差しでやられたランナーは結構いたのではないかと思います。

折り返しを過ぎてペースを上げてからの14km以降はもうヘロヘロ。
前半抑えて走ったのにその貯金など全くなく、上り坂では極端にペースダウン。完全に腰も落ちているのが自分でもわかります。

熱中症にならないように、エイドでは水を腕や首にかけて、スポーツドリンクを摂取して。

歩いているランナーも結構いましたが、それでも何とか「完走」を目指し走ることだけは続けていました。

が、残り2kmでまさかの両太ももが攣るアクシデント。完全に練習不足です。。。

残り2kmは8分/km以上かかったのではないでしょうか。攣った脚を何とかごまかし、練習不足と完全に舐めてかかったことを悔い改めながらの2kmの上りです。

歩いてしまおうか?いやもう少し頑張ろうか?

何となく覚えのある感覚が蘇ります。いつぞやの四万十川ウルトラマラソンのときの感覚です。

あのときは残り50kmからずっと走ろうか、歩こうかの戦いだったなー。やっぱりウルトラはツラいよ、などと思いながらゴール。

初心者ランナーを余裕でサポートして楽しくファンランのつもりが、最後は自身の行動を悔い改めることになるとは、全く想像すらしていませんでした。
※ちなみに、初心者ランナーの友人は見事制限時間内に完走です。ハーフマラソン初完走の大会が嬬恋高原キャベツマラソンなのはすごいことだと思います。

いろいろ書いてきましたが・・・

しっかりと練習を積んで臨めばこれほど苦しむことはないと思いますし、「ハーフの距離だし余裕でしょ?」と舐めてかからなければ、悔い改めるようなこともないと思います。

景色は本当に素晴らしい。

嬬恋高原キャベツマラソンに参加して良かった!とみんな思ったと思います。

・・・坂と暑さに苦しめられるまでは。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - マラソン大会, 嬬恋高原キャベツマラソン