1. ホーム
  2. マラソン大会
  3. ≫第34回つくばマラソンにエントリーしました

第34回つくばマラソンにエントリーしました

2014年11月23日(祝日)に開催される「第34回つくばマラソン」にエントリーしました。

順調にいけば、2011年に開催された第31回大会以来、3年ぶりの参加となります。

つくばマラソンにエントリーできたということで、ちょっとだけ緊張感が高まってきました。それはつくばマラソンが言い訳できない大会だからです。

つくばマラソンは高速レース

つくばマラソンはタイムの出やすい条件の揃った「高速レース」です。

以前、つくばマラソンのコース攻略でも書いたとおり、

・平坦なコース
・道幅も割と広くそれほど前が詰まらない(スタート直後以外)
・マラソンに最適な気候

どれをとっても言い訳のできない好条件が揃っています。

もちろんそのためには練習を重ねて「自己ベストが狙える状態」に持っていく必要がありますが、つくばマラソンをファンランで終わらせるなんてもったいない!という思いがどうしても強くなってしまいます。

最近忙しさを言い訳にしてかなりサボり気味なので、この辺で少し気合いを入れ直すきっかけになりそう・・・な気がします。。。

相変わらずのエントリー合戦

ランネットからのエントリーでしたが、相変わらずの激戦エントリー。

エントリー開始となる、6月29日(日)の20:00丁度にログインしましたが、自分のエントリーの順番が来たのが20:20くらい。
その後20:30過ぎにはフルマラソンの部は定員達成で締切となっていました。

さすがに人気大会だけはあります。

ただ、やっぱりエントリーに関してはまだまだ改善の余地がありますね。

私は以前に、マラソン大会のエントリーについて触れたとおり、全てのランナーにエントリーのチャンスがあっていいと考えています。

今回で言えば、日曜日の夜8時に都合のつくランナーだけしかチャンスがありませんよね?平日休みのとれないランナーには、つくばマラソンのエントリーの資格すらないのです。

これってものすごく不公平じゃないですか?

土曜日、日曜日など休みの日に働いているランナーも沢山いるはずです。
そのようなランナーは、大会に参加するその日だけでも休みをとるのが大変なはずです。

ですので、やっぱりすぐに定員オーバーしてしまうような大会は抽選がいいと思います。

もちろん抽選による不都合も発生すると思います。

抽選であれば気軽にエントリーしてしまうランナーも出てくるでしょう。
昨日のように「日曜日の夜8時」と指定してしまえば、ある程度参加の覚悟を決めたランナーが気合いをいれてパソコンの前で奮闘しますからね。

でも「最初からエントリーの参加資格さえない」というような状況は避けられるのではないでしょうか。

もちろんそのためには抽選の仕方も改善する必要があると思いますが、その辺はもしよかったら以前の記事を読んでみてください。
[参考]マラソン人気に伴う大会エントリーの難しさ(内部リンク)

あ、ホテルがとれない・・・

上記のようなことを書きながら「あ、そうだ宿の予約しなくちゃ」と思い、3年前のつくばマラソンで利用したホテルを予約しようとしたら・・・

「満室」

あ~、やっぱり3年前より人気なんだねー、別のところにするかー。

・・・ない。

ないよ!ホテル!

会場近くに1つ残ってるけどさ、1泊18,000円とか訳わかんない値段じゃん!

キャンセル待ちにかけるか・・・

よろしければシェアをお願いします。

コメントお気軽にどうぞ!(※承認後に公開となるので投稿後しばらくお待ちください)

コメント

※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. つくばなんて北関東道でぴゅーっと前橋から2時間ぐらいで行けますから当日入りで
    (笑)。

  2. 私もエントリーは抽選のほうがいいですね。
    昨年の奈良マラソンの時は夜8時からというので早く帰ってきて8時ぴったりにエントリーしたにも関わらず申し込めたのが10時過ぎ。イライラ募る2時間でした。
    今シーズンのメインは11/23の大田原。これは余裕で申込できました。当日には定員に達していたようですが。制限時間4時間ってまじめにやってないと関門に引っかかりそうです。タイム狙いのランナーが集まるとどんな雰囲気なのか楽しみです。
    6月は外を走ったのはハーフのレースを含めて2回だけ。月間走行距離100キロちょっとというひどいことに。7月からはまた気分新たに行きたいです。