素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

久しぶりの夜ラン(ナイトラン)を楽しみました

最終更新日: 公開日:

先日、嬬恋キャベツマラソンに一緒にでる友人二人と、久々のナイトラン(夜ラン)してきました。

いつ以来の夜ランかなー、と思って振り返ってみると、かれこれ2年くらい前でした。
正確に言えば、一昨年の第18回四万十川ウルトラマラソンの最後10kmが夜ランでしたけど(^_^;)

今回の目的は「初心者ランナーでもハーフマラソンを完走するための練習」

マラソン初心者の友人にハーフマラソンを完走してもらうため、前回の初心者ランナーとの練習同様、ゆっくり長時間体を動かす目的でLSDを実施する、、、はずでした。

2人の走力

1人はフルマラソンでサブ3.5付近で走るアスリート。
マラソンの他にもテニスやトレイルなど、趣味を通り越してかなり本格的に取り組んでいる人物で、先日の前橋渋川シティマラソンも一緒に走りました。

もう1人はマラソン大会での最長距離が10kmという初心者ランナー。
ラン歴は2年くらいになりますが、実際に走っている期間は2、3ヵ月といったところでしょうか。

夜でも走るランナーが増えましたね

私が住んでいる田舎とは違い都会だからでしょうか?走っているランナーが結構いました。

地元群馬の高崎インター付近の銭湯から群馬県庁へ向かう往復約14kmのコースでしたが、走っているランナーと何度もすれ違いました。

ランナー人口が増えているということでそれは喜ばしいことなのですが、1つ気になる点が。

ほとんどのランナーがヘッドライトや光るグッズなどを身につけていなかったし、反射タスキなどのリフレクターすらしていませんでした。

歩道に街灯があって走る分には支障がなくても、夜走るランナーの姿は車や自転車からは非常に見えにくい存在です。

今日まで事故にあわなくても、明日のランニングでは事故に巻き込まれるかもしれません。

自分が気をつけていればいい、というのではなく、これはランナー側のマナーだと私は思っています。
是非、夜ランを中心にしているランナーには、ヘッドライトやリフレクターを身につけて走って欲しいです。

私が身につけている夜ラングッズ
antomoのLEDクリップは胸と足につけています。

久々の夜ランを堪能

さて、久々の夜ランですが、夜は夜で楽しいですね。
街の灯りが綺麗だし、早朝ランとは違い街も活気づいています。

群馬県庁で折り返すだけのはずが、思わず展望フロアに上り夜景を堪能してしまいした。

IMG_4094群馬県庁の展望フロアへ

IMG_4095ぐんまちゃんがお出迎え

IMG_4098

IMG_4097街の灯りが綺麗ですね。先日走った前橋渋川シティマラソンのコースも見えました。

※夜景の雰囲気を楽しんでいたカップルのみなさん。ランニング姿で場の雰囲気を壊してしまい申し訳ありません。

県庁までの前半7kmはゆっくりLSDで7分半/km。会話を楽しみながら体を慣らす感じでランニング。最近は私自身も走る時間がなかなか取れていなかったので、よいウォーミングアップになりました。

県庁からの後半7kmは5分~5分半/kmのペース走。
初心者ランナー友人の「ペース上げても行ける!」の一言で一気にペースが上がり、ゆったりLSDから一転ペース走へ。

当然、初心者ランナー友人はついてくることができず、1kmくらい走って友人を待つということを繰り返していたので、ペース走というよりもインターバルになってしまいましたが。

ランニング後は銭湯でゆっくり休んで食事をしてリカバリー。

夜ランもこういうアフターランの楽しみ方があると思うとなかなかいいですね。定期的に開催しようかなー。

初心者の友人も、今回の変則ペースで歩くことなく14km走りきりましたので、きっと本番のハーフマラソンでも問題なく完走できると思います。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - トレーニング・練習の考察