素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

祝!富岡製糸場世界遺産登録!富岡マラソンはどうなる!?

最終更新日: 公開日:

突然ですが・・・・

群馬県富岡市の「富岡製糸場」が世界文化遺産に決定しました!

2014年6月21日の第38回世界遺産委員会(ドーハ)で正式登録され、日本での世界文化遺産への登録では14件目。自然遺産と合わせた世界遺産では18件目となりました。

地元群馬県から世界遺産が誕生するなんて1ミリも考えていなかったので本当にビックリする出来事です。

何年も前から世界遺産登録に向けて動いていた関係者の尽力の結果でしょうね。

もちろん地元群馬県民として、富岡製糸場を世界遺産登録させる動きがあるのは知っていましたが、高崎市民にとって富岡市ってお山の向こう側だし、富岡のゴルフ場に行くときくらいしか意識しないんで、こんなにすんなり決まるとは思っていませんでした。

どうなる?「群馬サファリ富岡マラソン」

富岡には毎年冬に開催される「群馬サファリ富岡マラソン」というマラソンがあります。

[参考]第33回群馬サファリ富岡マラソンは5kmを走ります(内部リンク)
[参考]第33回群馬サファリ富岡マラソンを完走しました(内部リンク)

私も過去2回参加していますが、地元密着型のアットホームな大会で、

・荷物の預け場所が監視もなにもない離れの小屋だったりして「どうみても盗んでくださいとしか言えないだろー」って場所に確保されていたり、
・参加賞が地元名産の「下仁田ネギ、しらたき、シイタケ」のすき焼きセット(肉なし)だったり、
・「温まるよ~」と配られたお汁粉がとんでもなく薄くて「砂糖湯」のようだったり、
・地元の中学生が強制参加で「あー、中学のときこの中学校じゃなくて良かった―」と思ったり

と、とても大好きな大会です。

さて、このマラソン、冠名に「群馬サファリ」とあるように、昨年までは同じく富岡にある「群馬サファリパーク推し」でした。

群馬サファリパークといえば、「とってもとってもとってもとってもライオンだ~」のCMでお馴染みの「富士サファリパーク」と同じで、間近で動物と触れ合える富岡一のエンターテイメントパークです。

で、「群馬サファリ富岡マラソン」と銘打ってはいますが、群馬サファリパーク内を走るわけでもなく、ただ参加者の駐車場スペースとしてちょっと使うだけというマラソン大会です。
※スポンサーとして協賛しているし、参加賞で群馬サファリパークの入場無料券ももらえるので「群馬サファリってついてる大会なのにサファリパーク関係ないじゃん」なんていう意見があるわけではありませんよ!群馬サファリさいこー!

そしてこの「群馬サファリ富岡マラソン」は、群馬サファリは走らないのに、なんと世界遺産である富岡製糸場前を通るマラソン大会なのです!(ハーフのみ)

前回の第33回群馬サファリ富岡マラソンのコース

safaricourse

もちろん昨年までの話しですし、まさか今年もそのまま世界遺産の真ん前を通るコースになるとは思えませんが、もし昨年と同じコースなら凄いことです。

私の予想としては、今までの「群馬サファリ推し」から「富岡製糸場推し」に切り替えて「世界遺産を走ろう!富岡製糸場マラソン!」なんてネーミングにアッサリ変わるんじゃないかと予想しています。

そうなったら、群馬サファリパークも意地を見せて「ライオンと一緒に走ろう!群馬サファリマラソン」として、ライオンのいる猛獣コーナーをコースの一部にしたらいいと思うんですよね。サブタイトルは「バッドウォーターマラソンよりも死に近いマラソン」みたいな感じにして。うん、これは絶対ウケる。絶対出ないけど。

私としては今までのアットホームな富岡マラソンが好きだったので、そのテイストが変わらない大会を続けて欲しいですね。

でも、まあ、富岡のことだし、案外全く変わらなくて参加者も従来通り地元ランナーと中学生だけだったりして。あり得る。

だいたい、富岡製糸場も行ったことあるけど、別に見て面白いものじゃないですよ。グンマーにしかわからない「上毛かるた」の「に」「日本で最初の富岡製糸」で出てくるという方が私にとっては印象強いですけどね。

そんなわけで、今から今年の「富岡マラソン」が楽しみです!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - マラソン大会, 群馬サファリ富岡マラソン