素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

ランニングシューズの紐(シューレース)の結び方

最終更新日: 公開日:

先日、一緒にロング走をしたランニング初心者の友人に「ランニングシューズの紐の締め方がわからない」と質問されました。

「自分の好きなように結べばいいよ。」

と、適当に突き放しましたが、それではあまりにもアレなので、一応私が採用している締め方を紹介しました。

今回は、友人の備忘録の意味も含めて、私が採用しているランニングシューズの紐(シューレース)の結び方を紹介します。

基本はアンダーラップ+2段ハトメ

私のランニングシューズの紐の締め方は、「アンダーラップシューレーシング」+「2段ハトメの利用」です。

詳しくはアシックスの公式サイトで紹介されていて、このサイトで紹介している結び方が基本になっています。
[参考]asics公式サイト-靴紐(シューレース)の締め方(外部サイト)

上記のasicsサイトで紹介している「アンダーラップ」を基本に、私なりにアレンジしている部分がありますので、順を追って説明します。

1.かかとをトントンして合わせる

IMG_4022※写真はクリックすると拡大します

椅子や床に座った状態で、紐を2、3個の穴くらい緩めた状態でランニングシューズを履きます。

※ランニングシューズは面倒でも必ず紐をほどいて履く脱ぐをするのが基本です!

ランニングシューズを履いたら、かかとを3、4回トントンとしてかかとを合わせます。
このとき、足の指とシューズのつま先の間が1cm~1.5cm程度空いているのが理想です。

2.手で足の甲にシューズを馴染ませる

次に足首を90度程度曲げた状態にします。

足の甲にランニングシューズのアッパーを馴染ませるように、アッパー部分を手で下から上へと移動させます。

IMG_4023下から・・・

IMG_4024上へギュッ!と
※写真と撮る都合上片手ですが、内側外側両手で同時に行います。

アッパーを足の甲にギュッと馴染ませると、紐に余裕ができるので、紐をしっかり増し締めします。

※足の甲の部分は、アッパーが隙間なくピタッとくっついているのが理想です。

3.2段ハトメは最後の穴は使わない

足の甲に馴染ませる、紐を締める、を繰り返して、ランニングシューズの入り口付近まできたら最後の仕上げです。

IMG_4027

私の場合、ハトメ用の穴(最後の穴)は使いません。
ですので、最後から3番目の穴は下から通し

IMG_4028

輪っかを作って2番目の穴は上から通します。

上から通したら、反対側の穴に紐を通します。

IMG_4029

両方とも輪っかに紐を通したら、真下にぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっと3回くらい締めます。

IMG_4030

これで足首の部分がかなり締まりますが、キツくて違和感がある場合は少し緩めてもOKです。

4.ひもは2重に結び「面」で固定する

最後に蝶結びにしますが、その前のクロスするときに2回クロスします。

IMG_40321回

IMG_40332回

そしてあまりキツくならないように、ぎゅっ!
IMG_4034

ここから蝶結びをします。

IMG_4035

蝶結びしたあと長すぎる場合があるので、もう1回普通に結びます。

IMG_4036

こうすると長すぎて地面に着くこともないし、ほどけることもありません。

以上が私が採用しているランニングシューズの履き方、紐(シューレース)の結び方です。

<個人的なお勧めポイントは>
・アッパーを足の甲に馴染ませるように締める
・輪っかを通す締め方をするけど2段ハトメ用の最後の穴は使わない
・最後の結びは2回クロスさせて「面」で固定させる。

こうすることで、1点に締め付けが集中することなく、足全体に適度にフィットするようになります。

自分に合った靴紐(シューレース)の締め方を!

冒頭で「自分の好きなように結ぶのがいい」と言ったのは、半分冗談で半分本気です。

私は、自分のランニングに関してはこだわる部分が沢山あり、試行錯誤するのが好きでいろいろ試すのですが、それを人に「こうした方がいい」とはあまり言えません。

個人個人の相性もありますし、私には正解でも他の人には全く合わない可能性もあります。

あくまでも私のランニングスタイルは「楽しく自由に」ですから。

ですので、しっかりと締め付け感のある締め方が好きな人はそうすればいいですし、キツいと走りにくいという方は緩めにするのもアリだと思います。

但し、毎回靴擦れやマメ、水ぶくれができてしまうのであれば、靴紐の締め方やランニングシューズ自体を見直した方がいいかもしれませんね。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ランニングシューズ