素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

軽井沢ハーフマラソン2014走ってきました

最終更新日: 公開日:

2014年5月18日(日)に開催された「軽井沢ハーフマラソン2014」に参加し完走しました。

今回は、事前の練習時間が全くとれない状態での参加だったので、軽井沢の街並みと新緑コースをゆっくりと楽しむつもりで走りました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

軽井沢ハーフは華やかな大会

IMG_3871

軽井沢ハーフは大会自体がオシャレというか華やかな大会ですね。

ハーフマラソンのみの大会で参加人数5800人という人数で、女性ランナーの参加人数も多いですし、何より軽井沢という土地柄なのか、みんなランニングウェアがオシャレ!

毎年事前に配布される参加資料にも、参加Tシャツに合うランニングファッションのコーディネートがイラストつきで記載されていたりして、ファッショナブルな大会作りを目指す運営者側の意気込みが感じられます。

このような、ランもファッションも楽しむ大会というのは、都心では多いみたいですがまだまだ地方だと少ないですね。

個人的には、ランもグッズもファッションも気にかけたい派なので、軽井沢ハーフマラソンのような大会が地方でどんどん増えていけばいいな、と思っています。

軽井沢ハーフマラソンの感想

大会自体の感想は、走る目的によって、みんな結構違う印象を持ったんじゃないかな、と思います。

まず、単純にタイムを狙ったランナーにとってはちょっと不満の残る大会だったと思います。何しろ参加人数に対してコースが狭い。

スタート地点、私は全体のちょうど真ん中くらいD地点にいたのですが、それでもスタート地点通過まで4分以上かかっていました。ここからしばらくは常に混雑している中、周りに気をつかいながら走る必要があります。

IMG_3875スタート地点のブラスバンドの演奏。すごく上手でした。

中軽井沢駅を折り返して14km過ぎくらいでようやく余裕を持って走れる感じです。逆に言えば14km過ぎくらいまでは混雑してなかなか自分のペースで走れないと思います。特に5分半~6分半/kmくらいのペース帯は一番混雑してたのではないでしょうか。

ですので、PB更新やスピード練習を目的にするランナーにはあまりおススメはできない大会です。もちろん、4分半/kmを切るくらいのペースなら余裕はありそうでしたけどね。

ファンランとして楽しむランナーには最高の大会だと思います。

私は前回(一昨年)参加したときはタイムを狙っていたので、終始苦しかった印象しかなかったのですが、ファンランで臨んだ今回は見える景色が少し違いました。

軽井沢駅前から旧軽井沢銀座の方へ抜ける道の真ん中を走るのは新鮮ですし、そこからの新緑コースがまた気持ちがいい。こんなコースが練習コースなら毎日テンション高く走れちゃうだろーなー、と思いながら走っていました。

後半気温が上がって日差しが暑かったのですが、緑の多い別荘地地帯のコースでは緑が日差しを遮ってくれて涼しく走れました。

コース自体は平坦なイメージがあったのですが、緩やかな細かい起伏が多く、思いの外ペース管理が大変そうなコースでした。
また、予想通り、中軽井沢駅で折り返した後の線路高架脇のコースは、緩やかな上り坂&照りつける日差しで、ここで体力を奪われたランナーは多かったのではないかと思います。

来年も参加したいですが・・・

毎年、当日の朝に来て走ったらすぐに帰ってしまうのですが、前日から宿泊して軽井沢観光も楽しみながらハーフマラソンにも参加してみたいですね。

軽井沢観光も楽しみながら旅行気分でマラソンに参加できるのも、軽井沢ハーフマラソンの魅力なんでしょうね。

個人的には、ゼッケン等事前配布で当日受付が必要ないのも嬉しいですし、参加Tシャツも事前配布でみんな揃って参加Tシャツで走るのも一体感があって楽しいです。※応援してくれた人からは、みんな同じ色のTシャツだからわかりにくい、と言われましたが(笑)

今回はゆっくりペースでも後半結構バテてしまったので、来年は事前の練習をしっかりして、最後まで余裕を持って楽しめるくらいにはしたいと思っています。

・・・が

実は今回、1点だけ迷ったことがあります。

それは、地元群馬の榛名山で開催されている「榛名山ヒルクライム(通称ハルヒル)」と日程がかぶっていたのです。

先日紹介したとおり、いろいろな練習アプローチとして自転車を購入したのですが、順調に行けば来年のハルヒルの初心者部門には出場したいな、と考えています。

来年日程がかぶらなければいいのですが・・・

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - マラソン大会, 軽井沢ハーフマラソン