素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

ランニングキャップが似合わない!似合うかぶり方と解決法

最終更新日: 公開日:

ランニンググッズの中でも重要なのが「ランニングキャップ」

ランニングキャップをかぶらないで走る人もいますが、キャップをかぶることで以下のような効果があります。

  • 直射日光から頭を守る(負担軽減)
  • 日差しや雨から目を守る
  • 汗を吸収して顔に流れるのを防ぐ
  • 水で濡らすことで暑い日の熱中症対策

個人的には練習でもマラソン大会でも必ずかぶりたいのですが、ここで大きな問題があります。

ランニングキャップが悲劇的に似合わない!

純粋に走りだけを追求するランナーや、もともとランニングキャップが似合うランナーにはわからないと思いますが、かなり切実な悩みです。

普通、似合わなくても「そんなことないよ~」とか言うじゃないですか?でもラン友も「あ、、、かぶらない方がいいね」とか言うくらいなので、よっぽど似合わないのでしょう。

そんなランニングキャップが悲劇的に似合わない僕が試行錯誤して出した「ランニングキャップが似合うかぶり方と根本的な解決法」をご紹介します。

僕と同じようにランニングキャップ似合わない問題で悩んでいる方へ。ぜひご参考にしてみてください。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

ランニングキャップが似合わない原因

普通のキャップはそれほど変じゃないのに、ランニングキャップが似合わない!という人は多いです。まあ、僕は普通のキャップも似合わないのですが・・・

ランニングキャップが似合わないのは原因があります。

ランニングキャップの形状

ランニングキャップは「日差しや雨から目を守る」といったような目的から機能的に作られています。そのため、ツバが長く頭の部分が小さいキャップが多いです。

この「ツバが長く頭の部分が小さい」というのが曲者です。

ピタッと頭にくっつくランニングキャップによって、キレイな小さい半円が頭に描かれるのです。

これがもともと短髪のランナーや髪を縛っている女性ランナーなら似合うのですが、僕のように髪がボワッとしている人は、頭の部分がキュッと小さくてキャップから出てる顔や髪がデカっと強調されて、悲劇的に似合わないシルエットになってしまうんです。

キャップのかぶり方が悪い

先日、Tarzan(ターザン)という雑誌でランニング特集が組まれ、走り方からランニングファッションまで幅広く取り上げられていました。

そこで紹介されるランニングの服装やキャップはどれも格好よくて「やっぱりモデルが着ると違うなー」なんて思いながら眺めていたのですが、ふとあることに気づきました。

かっこいいモデルさんは、ランニングキャップをかなり浅くかぶっていたんです。

これはもしや!!と思い、雑誌を放り投げ、ランニングキャップを浅めにかぶり鏡の前に立ちました。

まあ、そこにはいつも通り頭がキュッとなった似合わない僕の姿があったのですが・・・

それでも!
それでもいつものかぶり方よりは全然マシに映ってました。

「なるほど!問題はランニングキャップのかぶり方にあったんだ!」と納得して、かっこよくなるようなかぶり方をひたすら研究しました。

ランニングキャップが似合うようになる解決法

僕が導き出した答えは2つです。

つばの短いキャップを浅めにかぶる

いろいろ研究した結果、以下のような条件のときに「それなりにマシに見える」ことがわかりました。

  • ツバが短めのランニングキャップ
  • 頭の部分がまあまあ大きいキャップ
  • 浅めにかぶっておでこを出す

悲劇的に似合わない僕がそれないにマシに見えるようになったので、普通に似合わない人ならかなりかっこよくなるのではないでしょうか?

サンバイザーをかぶる

身も蓋もないですが、ランニングキャップが似合わないならランニングキャップを諦めましょう(笑)

代わりとしておすすめのがサンバイザーです。

先日参加した「前橋渋川フルマラソン」でサンバイザーを導入したのですが、これはランニングキャップ似合わない問題で悩んでいるランナーにとって救世主だな、と思いました。

頭のシルエットを崩さずにランニングキャップの機能が果たせるのでまさに理想のグッズです。

さすがに真夏の直射日光はきつそうですが、春、秋、冬とマラソンシーズンにはピッタリの商品で、もっと早くにサンバイザーの存在に気づいていればここまで辱められることもなかったのに、と後悔したりしなかったり。

  • オシャレ(ファッション性)を楽しめる
  • ツバの役割(日差しや雨からの目を守る
  • 汗を吸収して顔に流れるのを防ぐ
  • サングラスをかけたりできる

といった機能的な役割もしっかり果たせます。

ニューバランスのサンバイザーがおすすめです。

メッシュ素材なので柔らかくて長時間かぶっても負担になりません。汗もしっかり吸水してくれるので、機能的な面でもバッチリですよ!

個人的には、ランニングキャップが似合わない人はキャップは諦めてサンバイザーをかぶることをおすすめします。

サブフォー(サブ4)を目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック「アミノサウルス」フルマラソンでは必ず携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果(レビュー)はコチラ▼
アミノサウルス

 - ランニンググッズ