素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

頭がでかい人にも似合う!BROOKSのサンバイザーを購入

最終更新日: 公開日:

先日、マラソン大会で頭にかぶるランニンググッズとして、サンバイザーを検討している記事を書きました。
[参考]ランニングキャップか?サンバイザーか?(内部リンク)

頭がでかい人だったりランニングキャップが似合わない人にとって、キャップ問題は死活問題です。頭がでかい人でも似合うランニングキャップは常に探しています。

で、そんなランニングキャップ問題の解決になるかもしれないサンバイザーを早速購入しました。

IMG_3688

購入したのはBROOKSのメッシュ素材のサンバイザーです。

BROOKSのサンバイザーにした理由

最初はasicsのランニング用サンバイザーが第一候補だったのですが「硬さ」が気になりました。

asicsのランニング用サンバイザーもポリエステル素材で、頭にあたる内側部分は吸水素材となっているので吸水性もよさそうなのですが、作りがしっかりしている分、硬くできているため、長時間かぶっているにはストレスになるかな、と感じたのです。

イメージとしては、ゴルフのときにかぶるサンバイザーに近い感じでした。

候補の中では、BROOKSのサンバイザーが全てメッシュ素材で柔らかく、かぶり心地も良かったので、BROOKSのサンバイザーを購入しました。

IMG_3689オールメッシュ素材

頭にあたる部分も柔らかく、つけていてもストレスを感じることはありませんでした。

IMG_3691締め付け具合は後ろで調節します。

BROOKSサンバイザーの使用感

まずは10kmの朝ランで試した使用感ですが、第一印象は「爽快」です。

やっぱり頭の頂点が抜けているかどうかは大きく違います。
風を切って走る感覚が頭に伝わってくるので、ランニングキャップと比べて爽快感が段違いです。

さすがに全く何もかぶらない状態とは違いますが、頭周りの締め付け感も硬さもなく、BROOKSのやわらか素材にして正解でした。

つばの部分で目に対する日差しは遮られますし、サングラスを乗せて落ちてくることもありません。走る振動で落ちてくることもなかったです。

汗をかいてガンガンに洗っても型崩れしません。すぐに乾くから、朝ランして選択すればその日の夕方には乾いてしまいます。

真夏の日光下では厳しいかもしれませんが、春、秋、冬にかけてはサンバイザーがいいかもしれません。特に、頭がでかくてランニングキャップが似合わない人にはお勧め。サンバイザーなら似合いますよ。頭がでかくて似合わない私が言うのだから間違いありません!

これから距離を伸ばしたときの使用感も試してみたいと思います。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ランニンググッズ