素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

ランニングキャップが似合わないならサンバイザーがある!

最終更新日: 公開日:

1ヵ月後の4月20日(日)に開催される「第1回 前橋渋川シティマラソン」を前に悩んでいることがあります。

それは、頭にかぶるキャップをランニングキャップにするか?サンバイザーにするか?という問題です。

私はマラソン大会に出場するときは必ずランニングキャップをかぶっています。真冬のファンラン目的の大会であればニット帽です。

ランニングキャップをかぶる目的は

・熱中症予防
・汗の吸水
・保温性
・雨よけ
・外したサングラスを乗せておく

などなど、様々なシーンで活躍してくれるするランニンググッズなので、キャップをかぶらないで走ることはありません。そのため、私にとってランニングキャップは、マラソン大会に出場するときや練習ランニングでの必須アイテムなのです。

・・・が、

前々から当ブログでも触れているとおり、私はランニングキャプが激しく似合いません(笑)もう誰に聞いても、10人が10人とも「似合わない」と言います。

何もかぶらなければいいのでは?と思うかもしれませんが、前述のような様々なメリットがあるので、特にフルマラソンのような長丁場では欠かせません。

そこで注目したのが「サンバイザー」です。

ランニングキャップとサンバイザーの特徴

ランニングキャップとサンバイザー。機能的にはほぼ同じですが以下の点が異なります。

ランニングキャップ

・熱射病、熱中症を防いでくれる
・雨の日でも髪が濡れない

サンバイザー

・ランニングキャップよりも解放感があり心地よい
・髪型がくずれない
ランニングキャップが似合わない人でもサンバイザーなら似合う!

サンバイザーの3番目の特徴は、完全に私個人のことですが、ここが結構重要です。
[参考]ランニングキャップが似合わない全てのランナーへ(内部リンク)

真夏の大会であればランニングキャップで決まりなのですが、大会は4月20日。日によって暑さにバラつきがあると思いますし、スタート時刻の8時ならよいのですが、一番厳しそうな30km過ぎくらいの日差しはどうなのでしょうか?

気軽に買って試したいところですが、ランニング用のサンバイザーって大型スポーツ店でもあまり置いてないんですよね。

候補のサンバイザーです。

各メーカーいろいろなサンバイザーを販売していて迷いますね。個人的にはオールメッシュ素材のBROOKSあたりが良さそうに思っています。

大会までまだ日がありますし、それほど高いランニンググッズでもないので、ネットで買って試してみようかなぁー。

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ランニンググッズ