素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

フラットソールとセパレートソールの比較 どちらがいいのか?

最終更新日: 公開日:

今月に入り、asicsのGELFEATHER GLIDE(ゲルフェザーグライド)を購入して以来、今持っているランニングシューズと履き比べたりしていろいろと試してきました。

一番は「フラットソールとセパレートソールは何がどう違うのか?」という部分を試してみたかったので、その部分を意識しながらのランニングとなりました。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

比較に使用したランニングシューズシューズ

フラットソールは先日購入したゲルフェザーグライド、セパレートソールはadizero Japan2(アディゼロ ジャパン2)を使用しました。

IMG_3107

IMG_3109ゲルフェザーグライド

IMG_2869

IMG_2872adizero Japan2

まず、比較するシューズのレベルが違うじゃないか!と突っ込まれると、全くもってその通りなのですが・・・(^_^;)

ゲルフェザーグライドはサブ4~3.5を目指すランナー向け、adizero Japan2はサブ3.5~3を目指すランナー向けです。adizero Japan2はクッション性があるとはいえ、やはりそこはレーシングタイプシューズ。重さもゲルフェザーグライドに比べて軽く、10km以下の短い距離なら当然のことながらスピードが出て走りやすいです。

ですが、それほど大きく異なるレベルではなく、現状持っているランニングシューズもこの2足とnewbalanceのミニマスMT10のみですので、この2足を使用して比較してみました。

フラットとセパレート 履き比べた結果

以下のような内容で履き比べてみました。

1.ゲルフェザーグライドで10kmジョグ(6分30秒~6分/km)
2.ゲルフェザーグライドで10kmビルドアップ走(6分~4分30秒/km)
3.adizero Japan2で10kmジョグ(6分30秒~6分/km)
4.adizero Japan2で10kmビルドアップ走(6分~4分30秒/km)
5.ゲルフェザーグライドで7kmペース走(5分30秒/km)のすぐ後にadizero Japan2で7kmペース走(5分30秒/km)

それぞれジョグ、ビルドアップと、2足を同日に履き替えて走ることを試してみました。
脚の膝の具合で20km以上のロング走が試せなかったのが残念ですが、現状できる範囲の内容です。

1.接地感覚の違い

フラットソールとセパレートソールの一番の違いは「接地感覚の違い」でしょう。一番わかりやすい違いとも言えます。

フラットソールは足裏全体で接地する感覚、セパレートソールは足裏のどこか(前or後)に加重が集中するような感覚です。これは、フォアフット、ミッドフット(フラット)、かかと着地の違いに関わらず感じることだと思います。

はっきり言って、この感覚の違いは完全に好みだと思います。そして好みがハッキリ分かれる部分だと思います。

私はセパレートソールの加重が足裏のどこかに集中するような感覚の方が好みです。
セパレートソールの方が蹴り出しのときに力が入りやすく、スムーズに足さばきができて前に進めるような感じです。フラットソールの場合は一生懸命蹴り出している割には前に進まない、といった印象でした。

フラットソールはピッチ走法向け、セパレートソールはストライド走法向けと言われています。私はどちらかというとストライド走法になりますので、それも関係しているのでしょうか。

2.足裏への負担

足裏と脚への負担はフラットソールの方が軽減されると思います。
足裏全体に加重が分散されるので、同じレベルのセパレートソールのシューズに比べ負担は軽減されると思います。もともと負担の少ないピッチ走法と合わせて「負担を少なく長距離を走る」という目的であれば、フラットソールが効果を発揮するのではないでしょうか。

足裏や脚へ負担に関しては、10kmと短い距離でしか試していないため、今後20km以上のロング走でも試してみたいと思います。

脚への負担やスピードの出せる出せない、という部分は、ソールの形式の違いよりもシューズの重さやソールの素材・厚さが大きく影響すると思います。
ですが、走った時の感覚の違いはハッキリしていて、その感覚の好みが走っているときの気分やフォームにも影響してくるものと思います。

今まで、フラットソールしか履いたことのないランナーやセパレートソールしか履いたことのないランナーは、是非ソールの形状の違いによる感覚の違いを試してみてください。新たな発見があるかもしれません。

ちなみに・・・
私はどうも、セパレートソールの方が合っているようです。。。購入したばかりのゲルフェザーグライドは練習での試走用にしようかな・・・(^_^;)

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ランニングシューズ