素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

真冬のランニングに最適!アンダーアーマー インフラレッドグローブ

最終更新日: 公開日:

当ブログで何回も触れてきましたが、私は極度の寒がりで、特に手先足先の末端の寒さに弱いのです。

毎年、冬本番になると手先足先の寒さが悩みの種で、早朝ランニングで氷点下の中走るのに苦労しています。

普通の方なら、ランニンググローブをしていれば走っているうちに手先も暖まってくると思うのですが、私の場合、走っていても終始冷たいままなのです。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

真冬のランニンググローブに苦労しています

で、その「ランニンググローブ」

毎年「これなら寒くないはずだ!」と思って購入するものの、真冬の寒さには勝てず失敗続き・・・仕方なく、今現在はスキー用のグローブを着けてランニングしています。

スキー用のグローブはさすがに暖かいのですが、走っているうちに少し暑くなり過ぎてしまいます。また、普段スマフォアプリのNike+でランニングデータを管理しているのですが、当然グローブをはめたままだとスマフォ操作ができません。しかも、見た目もあまり良くなく、大体の人に2度見されます。

最適な冬用のランニンググローブ探しが毎年の恒例となっているのですが、今年も見つけました!これなら寒くないはずだ!という商品。

アンダーアーマー インフラレッドストームグローブ

今年の冬は「アンダーアーマー インフラレッドストームグローブ」を狙っています。

防寒仕様のグローブで、特殊セラミックプリント効果で蓄熱効果が高く、汗による水分は素早く吸収され、外部へ発散し、手を常にドライに保つことができるとのこと。

実際にスポーツ店で手にはめた感触は、内側はスキー用グローブのような感触でしっかりと保温してくれそうです。外側のデザインはスキー用グローブのような大きさ、ゴツさが無く、2度見されることはなさそう(^_^;)

また、指先にスマフォに反応する素材を使用しているため、グローブを着けたままスマフォを操作できるのが嬉しいです。

本来なら即買いする商品なのですが、値段を見て躊躇してしまいました。

店頭価格「4500円」・・・

今まで何度も失敗してきているランニンググローブ・・・ここで4500円で購入しまた失敗したら・・・という考えが頭をよぎり、その時は購入できませんでした(-_-;)

スマフォ操作のときはグローブを外せばいいじゃないか。2度見されたっていいじゃないか。と、思ってしまう自分がいるのですが、本格的な真冬の寒さを迎えると、きっと購入するのだと思います。

インフラレッドストームグローブ購入【2013.12.14 追記】

アンダーアーマー インフラレッドストームグローブを購入しました!

IMG_3111

本当はイエローが欲しかったのですが、大型スポーツ店で30%OFFで販売していたのがグレーだったので、写真にもあるとおりグレーを購入しました。

最近の本格的な寒さで、朝ラン時は氷点下になりますが、手が寒いままということはありません。暖かさは毎年この時期身につけるスキー用グローブほどではありませんが、走っている最中に暑すぎることもなく、本格的な冬の寒さにはちょうどいい保温性です。何より、スキー用グローブよりも見た目がいいですね。これで他の人に二度見されることもありません(笑)

IMG_3114

IMG_3113

手のひらの部分は滑り止めがついており、指先部分はスマフォ画面にも反応するようになっています。

IMG_3116

滑り止めはスマフォや物を持つとき効果を発揮するのですが、指先部分のスマフォ操作はちょっと反応が悪いです。Nike+のアプリを起動するレベルはできるのですが、細かい操作や文字入力は期待しない方がよいですね。

あと、amazonの評価レビューに書かれていたような、中が狭くてはめにくいようなことは私はありませんでした。私は特に小さい手ではなく、普通の成人男性の手の大きさだと思うのですが、スムーズに装着することができます。指部分が短く窮屈なこともありません。レビューではねじり込むように入れて何とか入る、とか、はめるまで1分かかる、など書かれていましたが本当かなぁ・・・(^_^;)

今シーズンこそは当たりのランニンググローブを購入したような気がします!

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
アミノサウルス
 

 - ランニンググッズ