素人ランナーのランニング考察

ランニングの練習方法、マラソン大会の情報、お勧めのランニンググッズをご紹介します。

*

100kmマラソンは何で走る?ウルトラマラソンのランニングシューズ

最終更新日: 公開日:

朝晩涼しくなってきてランニングには絶好の季節となってきました。

先日の朝ランでは、今シーズン初めて体が軽くて楽しいと思えたランで、ついつい距離を踏んでしまい、平日にもかかわらず17km以上走ってました。時間があったらもっと走ってましたね(^_^;)

さて、四万十川ウルトラマラソンに向けて、いろいろ準備をしなければいけません。

ネットでレポートや日記を「今はホントに便利な時代になったなー」と感謝しながら眺めているのですが、当日のシューズ、ウェア、携行品、雨の場合、移動手段、等々・・・どうやら課題が山積みのようです(-_-;)

そこで、今回から備忘録も兼ねて、ひとつずつ課題をクリアするため記述していこうと思います。

まずはシューズ。

決めました。

当初の予定どおり「asics GT-2170 NEW YORK」で臨みます!

最終的に決定するまで、それはもう悩みました。

一番悩んだポイントは、やはり「重さ」です。

今まで履いてきたシューズ(adizero CS、AGE、tempo、mizuno wave amulet2)に比べクッション性、安定性は揺るぎないものです。
ただ、その重さが逆に脚の負担になっているのではないか、と。
ネットのレポートを見ても、軽さ重視の人もいます。

ただ、僕が最終的に重視したのは「心の安心感」
asics GT-2170 NEW YORKを履いた時のホールド感/ズッシリ感、走っている時のクッション性/安定性は、脚どうこうよりも心を安心させてくれます。

脚への負担も大事ですが、ここは「心の安心感」を優先させて、四万十川ウルトラマラソンの当日はasics GT-2170 NEW YORKで勝負します!

四万十川ウルトラマラソンの関連記事

・100kmマラソンは何で走る?ウルトラマラソンのランニングシューズ(本記事)
100kmウルトラマラソンの服装は何を着たらよいのか?
ウルトラマラソンは携帯品が大事!サポートグッズで完走を目指す
四万十川ウルトラマラソンの事前準備
四万十川ウルトラマラソン前日は移動が大変でした
四万十川ウルトラマラソン完走!全コースの体験談をご紹介
四万十川ウルトラマラソの翌日は高知観光を楽しむ!
 

サブフォーを目指すランナーに

30km過ぎからの「もうひと踏ん張り」をサポートするアミノ酸スティック。アミノサウルス。フルマラソンではいつも携帯して、最後の粘りでサブフォーを達成してます!
▼実際に飲んでみたときの効果はコチラ▼
アミノサウルス

 

 - ウルトラマラソン, 四万十川ウルトラマラソン